« 参集殿の建具 | トップページ | 恋の季節? »

2012年9月25日 (火)

紀美野の鍾馗さんなど

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

先日、耐震診断書の説明を終えた後、帰りの道沿いにて鍾馗さん二体発見。eye

Dscn47452_2

↑ ひょっとして元は右手に剣があったのかもしれません。

Dscn47522_3

邪気を迎え撃つべく 向かい風に衣を靡かせて 仁王立ち、ではなく鍾馗立ち(?)

*

紀州では鍾馗さんの密度が低いので、珍しい個体かどうかももちろん気になるところですが、存在するということだけにも惹かれたりします。

        *

旧美里町役場近くにはちょっと重厚な建物が集まってます。

Dscn4722 鬼瓦とそれを大きく包む漆喰に草。

ちょっとワイルド? 棟木(母屋も)の漆喰塗りの形に一手間かけてます。

        *

棟が鯛で隅棟の先が鯉。

Dscn4712 Dscn4713

        *

山本勝之助商店さんのこの瓦Img_6762 は棕櫚を模ったものと言われてますが、同じような形してます。            ↓   

Dscn4718 Dscn4755

それぞれ別の建物です。 左:旧美里町役場近辺/右:旧野上町 

熨斗とはちょっと違うと思うんですけど、どうなんでしょう? それとも他の何か?

        *

おまけ画像

Dscn4763 コンパーノ ベルリーナ

イタリアンなエッセンスが込められてます。ダイハツですけど。

誕生は昭和38年。デボネアの一年パイセンcoldsweats01

これは何年頃のモデルか詳しい知識はありません。

ナンバーは新しく三桁で、今のものが付いてます。

        *

        *

        *

  

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

|

« 参集殿の建具 | トップページ | 恋の季節? »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆のりもの」カテゴリの記事

◆建物パーツいろいろ」カテゴリの記事

コメント

鍾馗さん情報、ありがとうございました。

写真の「右:旧野上町」で撮っておられる
>熨斗とはちょっと違うと思うんですけど、どうなんでしょう? それとも他の何か?
ですが、昨日、私も同じお宅のを撮っています。
また、紀の川市名手でもよく似たのを記録しています。
棕櫚なんでしょうかね?

投稿: おとん | 2012年9月25日 (火) 22:02

おとんさん>
あのあたりは棕櫚の産地で、山産物を商い財を成した家が多いと聞きます。
名手あたりでもありえるのかもしれませんね。

投稿: onigawara | 2012年9月26日 (水) 05:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/47202341

この記事へのトラックバック一覧です: 紀美野の鍾馗さんなど:

« 参集殿の建具 | トップページ | 恋の季節? »