« 弁天と毘羯羅 | トップページ | 和歌山市内の蕎麦屋 »

2012年9月30日 (日)

古蔵の防火仕様換気孔

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

海南市内の某所。 昔からの町家が密集した市街地です。

古い蔵の妻壁に丸い換気孔が取り付けられてあります。

P1000475 P1000476

他で見た記憶が無いし、なにかここの仕事か家にまつわるものを模ったものかな~と、なんとなく思ってましたが、既製品だそうです。

蔵の中に未使用のものが保管されていて、見せていただく機会がありました。

Dscn4845 これ。

重いです。十貫目はあろうかというくらいsweat01

「吉川式安全第一通風防火装置窓 東京吉川製新案特許」と周囲に陽刻があります。(右から書かれてます)

Dscn4848 裏側。

練炭か散った後の蓮の花みたいな孔。

材質は何? 土・漆喰の類かな?

そして、

Dscn4849 金網が張られてます。

建物の年代から推測するに昭和一桁あたりの代物でしょうか?

現代のおカミが定めた規格に適合してるのかどうかは定かではありませんが、それなりの性能は有してるのでしょう。実験はしてるはずですから。

*

*

* 

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

|

« 弁天と毘羯羅 | トップページ | 和歌山市内の蕎麦屋 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆建物パーツいろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/47258453

この記事へのトラックバック一覧です: 古蔵の防火仕様換気孔:

« 弁天と毘羯羅 | トップページ | 和歌山市内の蕎麦屋 »