« 和ガラスミュージアム | トップページ | 『綾綺殿』と『やをりき』 »

2012年6月22日 (金)

京都へ

※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

後ろ髪を引かれる思いで八幡を後にして、向かったのは京都は中京の町家。

こちらは『アリサハウスミュージアム』です。

町家発ほんまもんの会にて、祇園祭の布袋山保存会会長のお話を聞かせてもらいました。

P1050557 このお茶は何やろ? 普通の日本茶、麦茶、ウーロン茶ではない。いつも何か出してくれます。今回はわらびもち。

        * 

そして帰路。この日はお京阪で帰るチケットを持っていたのですけど、この方のように歩いて行ってやろうと思い、町並みを眺めながら出町柳を目指しました。run 

しかしまぁ京都っちゅうとこは鍾馗さんの多いこと。

歩き始めたら次から次に目に留まります。

P10505532 アリサハウスとお隣さんにもあります。

P1050568 ここのお宅は二体並べて。

京町家ではない住宅にも。

P1050611 P1050614

P1050606 俯いてます。ほっといたら落ちまっせwobbly

P1050616 門の上にも

他にも  

P1050631 P1050629 いろいろ

たまにはこんなのP1050605 や、こんなのP1050615_2 に、通りすがりに一瞬視界の隅に入っただけで反応してしまう・・・coldsweats01

彼の有名な行列の出来る和菓子屋さんにも、

P1050652 二階外壁にチラッと見えてるのもそうなのか?

しかし大人気。夕方になってこの行列。数年前までこれほどでもなかったような・・・?

他にももっともっとありますが、今回はまぁこれくらいで。

        * 

その他、出町柳までの間で目にしたものなど。

*

瓦。町家の角に置いてます。

P1050619 紋は雀かと思いましたが雁金ですね。 

P1050620 上に穴がある。

もしかして拒鵲(きょじゃく)の取り付け穴? (素人の推測です。的はずれかもしれません)

        * 

P1050628 この照明器具は、

たぶん既製品ではないでしょうねぇ? わかりませんけど。

枝と葉っぱは何で出来てるのだろうか? 

        * 

P1050648 杢目が揃てます。

        * 

P1050669 昭和の集合住宅 スターハウス

P1050670 コンクリートブロックとガラスブロック

昭和な組み合わせのデザインです。

        * 

御所の塀の上

P1050639 仲良きことは美しき哉 ?

(もしかしたらツレ、悪友、兄弟姉妹、行きずりの二羽・・・かもしれませんけどsweat02

*

ほかにも節操無くいろいろ撮りましたけど、まぁこんなところで。

キリがありませんので。sweat01

*

*

*

  

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

|

« 和ガラスミュージアム | トップページ | 『綾綺殿』と『やをりき』 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆犬猫動物」カテゴリの記事

コメント

しょうきさん。変換で文字がでないですね(笑)。京都には何度かいってますが、車のイベントばかり。建物も風情があって良く見てるつもりですが鍾馗さんには気付かなかった・・・。ネットの辞書で調べると・・・

鍾馗(しょうき)は、主に中国の民間伝承に伝わる道教系の神。日本では、疱瘡除けや学業成就に効があるとされ、端午の節句に絵や人形を奉納したりする。また、鍾馗の図像は魔よけの効験があるとされ、旗、屏風、掛け軸として飾ったり、屋根の上に鍾馗の像を載せたりする。

さすが京都、発展してきたわけです。

投稿: E商店 | 2012年6月24日 (日) 11:50

E商店さん>
いつも「しょうき」の入力は、まずひらがなで検索して、他所様のサイトの文字をコピー~貼り付けしてますcoldsweats01

投稿: onigawara | 2012年6月24日 (日) 18:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/45756469

この記事へのトラックバック一覧です: 京都へ:

« 和ガラスミュージアム | トップページ | 『綾綺殿』と『やをりき』 »