« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

くるまにヒノキー

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 search します ※ ▼▼▼▼▼▼▼

くるまにポピーnote”っていうコマーシャルが昔ありましたが、

車に、

P1050945 檜の欠片を置いてみました。

節のところです。 現場で拾てきました。

ドアを開けるとかすかに檜の香りがします。

じきに何もにおわなくなるでしょうが、しばらくの間の芳香剤代わりに。

もうちょっと多いほうが効果的かな。邪魔になるけど。

*

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

さつきばれ

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 search します ※ ▼▼▼▼▼▼▼

金曜日は梅雨の合間の晴天。

曇天が続いたので陽射しがさらにきつく感じます。

Dscn3586 台風の時に外した簾を吊りました。sweat01

仕事車を日陰へ。古い車は樹脂類が紫外線に侵され脆くなってますので。

Dscn3584_3 34歳のハイゼットは庇下に。束の間ですけど・・・

Dscn3574 アクティ(12歳は新しい(?_?)は桜の下。

このソメイヨシノ、春は花を愛でますが、夏は日除けとして重宝してます。

Dscn3575 下にサツキが咲いてます。皐月ですから。 

P1050922 隣の畑に桔梗。

万葉集では「あさがほ」らしい。

P1050920 裏庭の藺(い)と蓮。

手入れしてないので貧相。花も咲かないwobbly

背中が顔みたいな虫が飛んできました。

Dscn3583 ラミーカミキリ(っていうらしいですsearch

        *

出先からの帰り道。

P1050925 紀伊水道の夕景。

今日は阿波も淡路も見えません。

画像に汚れがあるけど拭いても取れない。中に埃が入り込んだのか。廉価な機種を酷使してますからねぇdespair

*

*

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

赤い崖

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※ ▼▼▼▼▼▼▼

昔のドラマのタイトルではありませんが・・・、

P1050719 崖が赤い

この一帯は県立自然公園になってます。(厳密には道から下だけ?)

モルタル色よりも景観に相応しいという判断したのでしょう。

この色でいこうと決まった経緯など聞いてみたい【・_・?】 

西有田県立自然公園  

▲▲▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です※ ▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

緑の山

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※ ▼▼▼▼▼▼▼

奈良からの来客があった日曜の朝は、山の上にある農道の清掃でした。

P1050757 地区の行事です。

途中にヤマモモの樹がありますが、

P1050794 まだまだアオい(青い? 蒼い?)

気になります。 この歳になっても子供のときの気持ちがよみがえる。

逆に実がならないとか、なっても食べられないものは、未だに名前さえ知らんものが多いcoldsweats01

P1050771P1050775

P1050797 山は濃い緑に覆われてます。

この日は皐月の五日。本来の端午の節句ってこんな季節だったのか

そういえば昔近所にいた一つ年下の「みどり」ちゃんは、苗字が「山野」。

残念ながら(どこが?)、今は嫁ぎ先の名前に変わってしまってますが。

*

▲▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログと一切関係ありません※ ▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

ロンサムジョージ

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※ ▼▼▼▼▼▼▼

ロンサムジョージがお亡くなりになったとか。

Photo 推定100歳超 (これでも若いという説もあるとか)

今日のネットのニュースに出ていました。

“ロンサム”って・・・物哀しい響きがあります。

*

我が家のロンサム京子Ⅲ世。

P1050853 何を想っているのやら・・・

*  

▲▲▲▲▲▲▲ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※ ▲▲▲▲▲▲▲

ゾウガメ イシガメ 石亀 絶滅危惧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

「ガラクタ」から「古道具」に

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※ ▼▼▼▼▼▼▼

日曜日、大和の国にて築二百年超の古民家住まいを始められた民家再生協会の仲間が、夫婦で不肖ワタクシめの倉庫のガラクタを見に来られました。

とりあえず襖引き手や卓袱台、古いラジオ(鳴らない)など小物を少々お持ち帰りしてもらいまして、大きいものは候補としてまた後日ということに。

うちの倉庫にあると『ガラクタ』ですが、あちらの家にあれば『古道具』くらいに出世(?)するかも。 (古道具がガラクタよりどのくらい格上なのか知りませんがcoldsweats01

        *

話が済んだ後、車で5分くらいのところにあるお寺にご案内しました。

P1050823 覗き込んでるのが奈良から来られたTさんです

善福院 釈迦堂

こう見えても(?)国宝建築物。禅宗寺院としては著名で、よく鎌倉・円覚寺舎利殿、山口・功山寺仏殿と並んで紹介されてます。

拝観料などは無く、と言うより田舎の集落の中に、いたってさり気なく建ってます。塀はありますけど門はありません。

近年重文指定になった某所(同じ市内ですsweat02)のように、『重文になったのでこれからは見学はさせられない』(直接聞きました)などと言われることはまったくありません。confident

*

*

▲▲▲▲▲▲▲ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※ ▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

『綾綺殿』と『やをりき』

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※ ▼▼▼▼▼▼▼

出町柳まで歩き始めてしばらくして、こんな店があったので入ってみました。

P1050572 『綾綺殿』  所謂、町家カフェ。

P1050589 P1050581 P1050587

P1050584 玉締め胡麻油が香る豚丼(味噌汁・惣菜付) Y750

P1050596 いろんな油を売ってます。

油屋さんが経営してるようです。

味はどうだったかというと・・・なんでも美味い口なので。しかも昼時に時間が無かったのですでに午後3時前。さらになんでも美味いcoldsweats01

ですが、また京都に来たときは、というほどでもないような・・・ (スミマセン、こんな口の田舎もんのおいやんにこんな評価される筋合いは無いとは思いますがm(_"_)m )

行ってみたいのはコチラ 

P10505352 橋本駅前 『やをりき』

ドアに書いたカタカナでは『ヤオリキ』になってますね。

モールガラスにモザイクタイル。アサヒスタイニ、洋食の店。

しもた屋かなと思いましたが、この日は日曜で休みだったようです。

ちょっと琴線に触れました。

*

*

▲▲▲▲▲▲▲ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※ ▲▲▲▲▲▲▲

+

+

+

八幡 京阪橋本駅 ヤヲリキ やおりき ヤオリキ 京都 町家カフェ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

京都へ

※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

後ろ髪を引かれる思いで八幡を後にして、向かったのは京都は中京の町家。

こちらは『アリサハウスミュージアム』です。

町家発ほんまもんの会にて、祇園祭の布袋山保存会会長のお話を聞かせてもらいました。

P1050557 このお茶は何やろ? 普通の日本茶、麦茶、ウーロン茶ではない。いつも何か出してくれます。今回はわらびもち。

        * 

そして帰路。この日はお京阪で帰るチケットを持っていたのですけど、この方のように歩いて行ってやろうと思い、町並みを眺めながら出町柳を目指しました。run 

しかしまぁ京都っちゅうとこは鍾馗さんの多いこと。

歩き始めたら次から次に目に留まります。

P10505532 アリサハウスとお隣さんにもあります。

P1050568 ここのお宅は二体並べて。

京町家ではない住宅にも。

P1050611 P1050614

P1050606 俯いてます。ほっといたら落ちまっせwobbly

P1050616 門の上にも

他にも  

P1050631 P1050629 いろいろ

たまにはこんなのP1050605 や、こんなのP1050615_2 に、通りすがりに一瞬視界の隅に入っただけで反応してしまう・・・coldsweats01

彼の有名な行列の出来る和菓子屋さんにも、

P1050652 二階外壁にチラッと見えてるのもそうなのか?

しかし大人気。夕方になってこの行列。数年前までこれほどでもなかったような・・・?

他にももっともっとありますが、今回はまぁこれくらいで。

        * 

その他、出町柳までの間で目にしたものなど。

*

瓦。町家の角に置いてます。

P1050619 紋は雀かと思いましたが雁金ですね。 

P1050620 上に穴がある。

もしかして拒鵲(きょじゃく)の取り付け穴? (素人の推測です。的はずれかもしれません)

        * 

P1050628 この照明器具は、

たぶん既製品ではないでしょうねぇ? わかりませんけど。

枝と葉っぱは何で出来てるのだろうか? 

        * 

P1050648 杢目が揃てます。

        * 

P1050669 昭和の集合住宅 スターハウス

P1050670 コンクリートブロックとガラスブロック

昭和な組み合わせのデザインです。

        * 

御所の塀の上

P1050639 仲良きことは美しき哉 ?

(もしかしたらツレ、悪友、兄弟姉妹、行きずりの二羽・・・かもしれませんけどsweat02

*

ほかにも節操無くいろいろ撮りましたけど、まぁこんなところで。

キリがありませんので。sweat01

*

*

*

  

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

和ガラスミュージアム

※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

『和ガラスミュージアム J&K』というところに行って来ました。

八幡市にあります。

ミュージアムというても、ごく普通の住宅地の普通の住宅で、オーナーご夫妻に迎えていただきました。

了承を得ましたので、そのコレクションの一部を紹介します。 

P1050487 P1050493

P1050500 P1050512 P1050499 P1050530

P1050517 P1050524

ガラスのどこに惹かれるのか。 艶めかしさ?、壊れてしまいそうな儚さ?。光を通すから?・・・明りにかざして眺めてると飽きません。 (日本語正しいかな?sweat02

壁にはホーローの看板が掲げられてますが、よく見てみると、

P1050527 P1050526 ガラス瓶と関係があるものばかり。

これらはまだ一部です。

京都市内にて午後の予定があったので、心残りでしたが昼前にお暇しました。

もっとお聞きしたいことがあったし、オーナーご夫妻にも話したいことがたくさんあったと思いますが、また次の機会にsweat01

*

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

グチョル・タリム、テンプレッカー

※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※ 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

去年から台風がまともにこっちに向かってやってくるケースが続いてますtyphoon

今回もまた予報コースは我が家の真上あたりcoldsweats02

100260wid45 これは火曜昼過ぎの予報図

台風には個々に名前がありまして、4号は「グチョル」=「うこん」(ミクロネシアが命名)。5号は「タリム」=「鋭い刃先」(フィリピン)とか。

14ヵ国加盟の台風委員会が決めた名前が140あって、それを順番に付けていって、一巡したら繰り返すんだそうです。

日本が担当(?)して付けた名前は星座名ばかり。どういう意図でそうなったのでしょうか?

        *

こちらは修繕と改修の設計管理をさせてもらってる工事現場。

P1050684 養生ネットを巻いて台風に備えてます。

その現場の横に置いてあるレッカー車は、

P1050688 P1050691

東北にも行っていたのかな。てんぷら油で走るとのことです。

P1050689 燃料が入っていた缶ですか。

  

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

テンプラ オイル ディーゼル エンジン テンプレッカー temp recker

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

ハイゼットジャンボ

※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

高貴寺からの帰り道、ちょっとだけ近道となる農道脇にハイゼットジャンボが置いてありました。

P1050221_2

ダイハツの軽トラック、ハイゼットの特装グレードです。

単に派手好み?

いや、同じ乗るなら機能オンリーではなく、ちょっとは思い入れみたいなものを込めたいと思ったのかもしれません。

なんに限らず思いがこもると愛着も涌くし、もしかしたら名前などつけてるかも。

友人のフーガは「マゴイチ」だとか。風雅孫一smile

べつに車に向かって呼びかけてるとかいうような、そんな間柄にはなってないようですが・・・今はまだcoldsweats01

*

*

ダイハツ HI-JET JUMBO  

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

高貴寺

※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

もう一週間経ちましたが、 今の季節は濃い緑に深く埋もれてました。

P1050208_3

なにかこう生命漲るという感じ。

これが秋も深まる頃には色づいて、落ちて、それをまた集めますcoldsweats01  

*

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

仁義の枇杷

※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

P1050335 枇杷のおすそ分けをいただきました。

P1050336 スエードのような皮の表面。

地元ですので宣伝しておきます。

P1050337 JAながみね しもつびわ

産地は紀州加茂谷の奥。旧仁義村近辺。

「仁義」と書いて「にんぎ」と読みます。味はお控えなすってません。

たいへん美味です。皆様もご賞味あれ。delicious

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

営業車カタログ

※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

カタログというより、三つ折ということですからパンフレットか。

Sanki_insatsuimg450x6001339239577of ヤフオクに出てました。A31営業用車?

見た目はホイルキャップが違います。実物は見たことがありません。

実車もカタログもレアもんです。

参戦しませんでしたが、やっぱり終値は高かった。三つ折ごときに9千yen超。

ページ数の多い豪華版カタログでもここまで行くやろか?

入札参加者はデボネアオーナーよりもカタログマニアのほうが多いかもしれません。いや多いでしょう。coldsweats01  

*  

*

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (4) | トラックバック (0)

突き当たりの魔除け

※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

岸和田の蛸地蔵駅近く。道の突き当りとなる箇所にあります。

Dscn34492 石敢當っていうものです。

邪気は道をまっすぐ進んで行くので、突き当たりの家に入ってくるのをはらう意味があるらしい。

沖縄などには多いとか。他に同じような役目の、こういう石もあるようです。

*

突き当たりの魔除けと言えば、ちょっと斜めになってますが・・・、

Dscn3492 鍾馗さん。石敢當と同じ役目ですね。

だんじりがS字にカーブする辺りです。

岸和田にも鍾馗さんはそこそこ棲息してるようです。 

この日歩いたコースの脇でもいくつか見かけました。

Dscn3514 Dscn3516

Dscn3511 Dscn3512

この二体はお寺の近くでした。お寺の鬼瓦にはね返された邪気を「入れちゃらんで(岸和田弁?)」と構えてるのでしょうか。

駅前商店街にあるカーネーションのギャラリーに掲げられたパネル写真にも鍾馗さんが写ってます(これは京都のセットらしいですが)

Dscn3485 Dscn3486

Dscn3487 Dscn3488

tvテレビで映ってるのは知ってましたが、途中で選手交代したのは知らんかった。でもその筋?いや、道?のかたは見逃さなかったのでしょう。ご存知のようでした。

        *

こちらはその翌日。高貴寺さんへ行く途中、いつもとは違う道を通った際に見かけました。

Dscn3537 Dscn3538

滝谷不動の近くです。不動さんから逃げてきた邪気をはらうためかもしれません。

: 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

岸和田-2

※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

岸和田の続きです。

細かいこと、どうでもいいようなことなどを少々coldsweats01

        *

がんこ五風荘にて 二階の部屋からcamera

瓦屋根の谷の立ち上がり部分は、一般的には漆喰を塗ったりしますが、

P10501852 P1050184 面戸の瓦を使こてます。

*

建具を取り外した鴨居の付け根には、

P1050169 インデックスタブが貼ってます。

どこの建具だったか、誰もがわかるようにしとかなあきませんからね~coldsweats01

*

茶室 山亭の柱脚は、

Dscn3337 まるで石から生えてるみたい。

柱の木と石の表面の両方が複雑な自然のままの形。取り外して柱の裏を見せてもらいたいeye

*

屋敷神の祠には、台座に蛸・鯛・ヒラメ・アナゴ(?)の彫り物があります。

Dscn3326 Dscn3327 Dscn3330 Dscn3331

元は泉佐野の布団太鼓だったそうです。

        *

自泉会館 内部  

Dscn3397 暖炉は飾りで、火は焚けません

Dscn3393 タイルの模様は何をモチーフに?

Dscn3395 登り梁付け根の両側にあるものは何でしょう?

豪華な臭突を逆さに付けたみたいな・・・(渡辺節さん、スミマセン(*_ _)人)

壁はコルクだそうで、たしか同じく渡辺節設計の綿業会館もコルクが使われてたと記憶してます。

        *

Dscn3525 お寺の山門 

原生生物みたいな桁小口の飾りが目に留まりました。波と渦を表してるのでしょうが。

        *

コンビニエンスストアー 紋楠さん

Dscn3497 Dscn3496

世間にコンビニが登場してくるよりも前からこの名前でやってるそうです。(店のご主人談)

        *

時計屋さんのショーウィンドーにいくつか古い製品が飾られてます。

Dscn3500 これがちょっと気になったので撮ってみました。

        *

どのネタがメインということでもなく盛り上がりに欠ける内容ですけど、まぁこんなところで。

だんじりとカーネーション以外にも岸和田は見るところがたくさんあります。

是非街歩きに行ってみてください。

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

まーとん

※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

岸和田のことをと思ってたけど、一言二言。

*

マートン君はあほやね~。日本に来てもう何年も経つのに、スポーツ紙の記者のレベルがわからんか?

たとえばこの記事、

「『・・・・こんなことを記事にする奴がいたら、ジャーナリストとしての知性と常識を疑うね』と、まるで報道陣の誤解から生じたかのようにすり替えた。積極的に日本語を覚え、メディアとは友好な関係を築いてきた男とは思えない発言だ。・・・」云々。

マートン君はいたってまともなことを言うとるがな。すり替えをいつもしてるのは記事のほうと違いますか? 「友好な関係を築く」って、自分たちには逆らうなってこと?

かわいそうにマートン君、ここまで記者、というよりメディアのレベルが低いとは気付かなかったんですね。

“ジャーナリスト”の定義は知りませんが、少なくとも“知性と常識”への疑いは捨て、確信に変えませんか。

*

成績のことなら仕方ないけど、この一連の報道で記事側の目でマートン批判するファンがいたら情けない。

タイガースの味方ならもっと記事に怒りましょう。いや、タイガースファンに限らず。

*

           ・・・ということで、今日は字ばっかりでしたsweat01  

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

*

*

阪神 タイガース マートン 能美 嫌い 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

岸和田

※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※ 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

土曜日はすまいをトークの6月度、岸和田の街歩きでした。

五月の五條に引き続き50名ほどのかたが参加してくれて、岸和田を推して準備にも関わった立場としてちょっと安心もしてます。

オススメした街歩きが人気薄だったらちょっと責任も感じてしまいますし。

*

P1050120 P1050124

雨も前夜にはあがりスタート時には曇り空という、紫外線の強いこの時節には絶好の(?)街歩き日和。confidentcloud

P1050170 Dscn3334

昼はがんこ岸和田五風荘。食後は庭園も見学させてもらいました。解説を聞きながら。

Dscn3348 昼過ぎからはsun

ちょっと暑かったかな。この時期は小雨のほうがありがたいかもsweat01

Dscn3379 自泉会館

Dscn3419 南海 蛸地蔵駅

フェンス支柱は古いレールで、カーネギー社製を記した刻印があるとの説明を聞いてるところです。

Dscn3523 旧紀州街道沿い。

書物やテレビなどでよく見る明智光秀の肖像画は、この右のお寺所蔵です。

        *

反省会(?)の帰り際、「信号を渡ったところで写してたのは何?」と聞かれたんですけど、どこのことだかすぐには思い当たらない。目に付いたものを節操無く撮り続けてるもんで・・・coldsweats01

電車の中でデジカメの画像を見てみましたが、たぶんこれのことかな?

Dscn3534_2 Dscn3533 

銀行の屋根の上に突き出た煙突です。たぶん。

        *

参加は大勢でしたが皆さんの感想はどうだったのか? 少し気になるところです。推した立場上。

本当はもっと見てほしいところがたくさんあります。(岸和田市民でもありませんし、なんにももらってませんけど)

1日では時間が足らない。 テーマを分けて2回くらいに分けて歩きたいくらいです。

  

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

運転席より

※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

仕事で出かけた道すがら、車の中からの画像ですcamera

P1040862 美容室に入荷するみどりむし(?_?)

ダイエットか何かのサプリメントみたいなもんらしいですね。

*

P1040865 街角の門と塀

昭和40年代の「門と塀デザイン集」みたいな本に載ってそうな昭和の遺産。

*

P1040895 特に珍しくも無いけど三菱のJeep。

ちょっと心の中の物欲が反応する車の一つです。 デボネアより取り廻しが大変かもしれませんが、最小回転半径は?

*

最後に、

P1040901 「安い、早い、まずい」ラーメンだそうです。

昭和の時代遅れ? よ~くみるとチャラ男は泣いてるのか?

経営者がこの泣いてるチャラ男なのか、はたまた入った客が泣くことになるのか??

シラフで入るには勇気が要るかもsweat02

*

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

緑の訪問者

※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

昨夜は部分月食とのことでしたが、残念ながら雲が厚く、月がどこにあるのかもわからないくらいでした。

*

そんな夜、我が家の玄関先に訪問者が・・・

Dscn3309 Dscn3316

アマガエル。

せっかく来ていただいたので記念にcamera

Dscn3313 前から

Dscn3312 横から

Dscn3315 後ろからも

家の周りには田んぼ、池、水路なども無いのによう来てくれた。

最近では珍しいので、ついついまじまじと見入ってしまった。eye

こんなのP1050035_2 着てたから、仲間と思って寄ってきたのか?

*

*

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

真国荘

※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

店を計画してる敷地に大きな樹があったんですが、伐採したということで昨日見てきました。

周りの民家、風景など、また撮ってみました。同じような画像ですけどsweat02

*

一番近い民家です。

P1050014 棟には目が離れた鬼瓦

南側の隅は、西が大黒で東はえびす。

P1050012 P1050013

北側には何が飾られてるのだろうか? 

P1050004 川向こうには、

ありだの民家の会の一押し民家で発表させてもらいたいような家がある。

*

県道の反対側の土手に咲いてるのは、

P1040991 ツリガネソウ(で、合うてるかな?)

(↑ ホタルブクロでした)

P1040995 下からのアングルでもう一つ camera

*

薊の花と蕾

P1040997 P1040998  

この花を見ると同級生を連想してしまう。

きれいな花にはトゲがある、からではありません。 名前が似てるからという、いたって単純な理由です。

・・・付け加えておきます。トゲが無くてきれいです、昔も今も。ハイsweat01

*  

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

民家塾講座へ

※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

昨日、民家再生協会のきんき民家塾の今年度第一回講座は、石切にある築二百六十年の古民家にてこのかたの講義でした。

民家再生の先駆者とも言うべきお方です。

初めて再生を手がけた際のエピソード、塾生の質問に対するなど答えなど、たいへん面白く興味を惹かれました。

P1040937 P1040940

以前「ありだの民家を考える会」にて講演を聞いてからもう10年ほど経つのか。

御歳84になるそうです。10歳くらい下かと思ってました。お若いです。

*

お若いと言えば、

近所の高齢のご婦人(早い話が、おばあさん)が、「こんなこと頼んでもええかの?」と言うて、今日たずねて来られました。

用件を聞いた後「おばさん元気やの~」と言うと、「もう2、3年前から弱ってあかんわ。こんなん(シルバーカー)押さなあかんようになって」とにこやかな顔happy01で仰る。

「幾つになったんですか?」と尋ねると、「きゅうじゅうろく」sign02

20120603110138 飄々と帰って行きました。

あ~あやかりたい、蚊帳吊りたい

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »