« わが身が重なる・・・ | トップページ | 工事完了 »

2012年4月11日 (水)

銀行にて

※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※ 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

昨日銀行での待ち時間、置いてあった新聞をめくってみると、先日出席した黒江町並み景観づくり協議会の記事が載ってました。

12240410p1030735 和歌山新報さんです。

ブロック塀が危ない状態であるとの意見や建物の2メートルセットバックを回避する方法、それはワタクシどもの発言です。

ではどうすれば道路から後退しなくてよいのか。

答えは簡単。建て替えしないで改修すればいいんです。

解体して新築するくらいの費用をかけて改修すれば、そこそこ立派なもんが出来ると思いますよconfident

        *

その銀行の玄関手前アプローチに、

P1030736 自転車が一台。

床に突起があって子供とかお年寄りがつまづいたら危ないですからねぇwobbly  ここは踏まないように置いておかないといけません・・・sweat01

        *

ATMのコーナー

P1030737 「ご」のほうは順番がまわってきてオイタする時間が無かったんかな?

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

|

« わが身が重なる・・・ | トップページ | 工事完了 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆世間のこといろいろ」カテゴリの記事

◆日々の出来事など」カテゴリの記事

コメント

ご存じの通りわたしの身体状況では至る所バリアー一杯
です。家屋内はバリアーフリーにはできますが、一歩外
にでると危険箇所が一杯です。健常者からすると、どう
と云うことがないことでも身障者や車椅子では無理な処
が多いです。
景観問題と古い建家の立て替え時のセットバック、一方
を立てれば一方が引っ込む。お互いに綱引きです。
永久に微妙で難しい問題だと思いますが、どういう
ご見解をおもちでしょうか?

投稿: しげやん0710 | 2012年4月12日 (木) 17:08

しげやん0710さん>
バリアっていうのは自分の体が健常な時はなかなかわかりにくいですね。
当方ちょっとヘルニアがありまして、以前症状が悪化して脚がしびれた状態が続いた(50メートル歩くのに3~4回休憩が必要なほど)際には辛い思いをしました。

建て替えの件、その「綱引き」と言う意味がよくわからないのですけど・・・景観守りながら街の安全性も確保できる方法はあるかと思います。

投稿: onigawara | 2012年4月13日 (金) 00:24

綱引きとはわたしが云おうとしたのは、景観保存のためセットBackして新築か、セットバックせずに改築するかを
考えたとき、景観問題を優先するか、それとも道路を拡幅できることを優先するかを綱引きに喩えたのです。
同じことは、高いところに滑車が付いた釣瓶に喩えて一方を揚げたらもう一方が下がる。こういう意味です

投稿: しげやん0710 | 2012年4月13日 (金) 20:04

しげやんさま>
セットバックせずに改修することが景観保護で、バックして建て替えは歴史的景観については破壊になると考えています。
防災については全ての道を広げなくとも対応できるように工夫できるかと思います。

投稿: onigawara | 2012年4月14日 (土) 19:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/44836739

この記事へのトラックバック一覧です: 銀行にて:

« わが身が重なる・・・ | トップページ | 工事完了 »