« 橋本市 みそや別館 | トップページ | 橋本市:鍾馗さん とか »

2012年2月21日 (火)

橋本市:大和街道の街並み-鬼瓦・虫籠窓など

※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※ 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

火伏医院の曳家見学の後、せっかくなので大和街道を西のほうへ少しだけ歩いてみました。

Dscn1863 橋の向こうが大和街道の和歌山方向。

この道と家たちがこっちへおいで~と誘うんですcoldsweats01

街道沿いには古い鬼瓦や虫籠窓などのある街並みがつづいてます。

Dscn1865_2 Dscn1867

Dscn1868 Dscn1888

Dscn2018  Dscn2016

Dscn1898 Dscn1900

Dscn1893 Dscn1937

Dscn1914 Dscn1961

さびれてる?きたない? そうかな~? 美しいと思うんですけどねぇ・・・coldsweats01

        *

一対の鬼瓦。西が吽で東が阿形。

Dscn1963 Dscn1964

Dscn1908 こちらはお隣どうし睨み合う?鬼瓦

「悪霊退散!」 「うちにも入れへんで」 「そうや。どっかへ行き!」とか言う声が聞こえてきそうな気がせんでもない。

この辺りの鬼瓦は角が長く前に突き出てるものが多く、うちの地域のものと比べて、より攻撃的に見えてしまう。 「突き刺したろか~annoy」っていう感じに。

Dscn1903 Dscn1912

Dscn1902 ジラースみたいな立派な鬣(たてがみ)

Dscn1953 亀の頭がsweat01・・・危険を察知して引っ込めてると解釈しておきましょうか。

Dscn1968 樹脂の波板を被った宝珠

        *

Dscn1981 高野街道と大和街道の(?)道標

『西 右 かうや 左 京大坂』。 大阪がまだ土編の「坂」だったころのものかな?

この道標、橋本市のサイトに紹介されてました。『東家四つ辻道標』という名称があるらしい。

元は四辻にある店の角にあったとのことです。

Dscn1996 その辻の南東の角にある店の二階妻壁

Dscn2012 店の中

昭和が残ってます。

「森永エンゼルストア」というものがあったようで、ちょっと検索pcしてみると、とある論文がヒット。『スーパーなど自律的な小売業態の成長とともにその歴史的役割を終え、1970年代初頭に解散するにいたった』とありました。

饅頭を買って年配のご主人と「古いお店ですね」などとチラッと話をしたんですが、登録文化財にどうかという話があったけど断ったとのことでした。sweat02

もっと理解を深めるべく啓蒙せなあきませんね~think

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

|

« 橋本市 みそや別館 | トップページ | 橋本市:鍾馗さん とか »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆古いもの・こと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/44181649

この記事へのトラックバック一覧です: 橋本市:大和街道の街並み-鬼瓦・虫籠窓など:

« 橋本市 みそや別館 | トップページ | 橋本市:鍾馗さん とか »