« 昭和のコルサ | トップページ | みかん収穫 »

2011年12月26日 (月)

蜜柑山

※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

昨日の日曜日は裏の畑でハッサク採り。その後山のてっぺんの蜜柑を見に行ってきました。ラビットでと思ったけど寒いので車で。

P1000471_2 この眺め、

いつも感じるけど・・・僻地やねsmile

*

今年の蜜柑は去年のようなわけにはいかん。

P1000466 なってる樹もあるが、

P1000467 全然の樹もある。

P1000470 見た目もよろしくない。

とりあえず、

P1000481 ボッツリに一杯だけ収穫。

「ぼっつり」って言うのはどこの国の言葉。うれしはずかし平成の和歌山弁?

どのあたりまで通じるんやろか? 和歌山ならもどこへ行っても通じるかどうかは定かではない。検索してみたら紀南の梅農家では言うらしい。

*

見た目は汚いけど味はまぁまぁ。先日カーオリ有田川でもらったのより美味しいかも。   

P1000477 P1000478

このシチュエーションで採りたてなので実力以上の味に感じるのかもしれませんけど。

*

P1000495 北西の季節風が畑の上の雑木林をごーごー音を立てて揺らしてます。

畑ではみかんの木の下に、

P1000499 ヤブランの実  

P1000486

頭が高い、下がれおろう <(_ _)> 

土と枯れ草色にコーディネートした保護色の殿様が。  トノサマバッタ

P1000494

彼方に阿波の山がうっすら見える

あー寒かった sad

        *        *        *        *        *

訂正です。 バッタは殿様ではなく、「ツチイナゴ」とのことです。

参考→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:W_tonosamabatta4101.jpg (トノサマバッタ)

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

|

« 昭和のコルサ | トップページ | みかん収穫 »

◆花鳥風月・森羅万象」カテゴリの記事

コメント

>見た目もよろしくない。
いやいや、中身、中身ですよ。

「ぼっつり」は知りませんでした。

バッタは涙目なので、殿様ではなくツチイナゴです。
越冬しますよん。

投稿: おとん | 2011年12月26日 (月) 22:47

おとんさん>
確かに目が違いますね。画像検索して確かめたつもりでしたが・・・

投稿: onigawara | 2011年12月26日 (月) 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/43515390

この記事へのトラックバック一覧です: 蜜柑山:

« 昭和のコルサ | トップページ | みかん収穫 »