« 熊野古道 有田市~日高町② 民家編 | トップページ | 熊野古道 有田市~日高町④ 道端のいろいろ »

2011年12月 2日 (金)

熊野古道 有田市~日高町③  山川草木禽獣虫魚編

※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

タイトルがちょっと大仰な・・・まぁ、通りすがりに見た木とか草とか虫とか、その程度です。coldsweats01

Dscn0935 有田川。逆光に映えるススキの穂。

Dscn0937 同じく有田川。鵜(鸕)の群れがいます。

Dscn0988 糸我峠付近。どなたかがニホンミツバチではないかと言ってましたが、定かではありません。

Dscn0989 ツワブキ

Dscn1016 アカトンボ。正式名は知りません。「正式」といってもトンボの世界には名前は存在しません。世の中の全ての名前って人間がつけたもんです。たぶん。   

Dscn1023 道沿いの溝の底に魚が集まってます。

こんな集落の中に流れてる溝っこみたいな水の中にもこれだけ棲息してます。田舎やねぇ。うちの近くなんかとうの昔にいませんよ。住めない溝にしましたから。町でしょうsweat02

Dscn1053 ピラカンサ。びっしり! 両生類の卵みたい。

Dscn1068 鹿ヶ瀬峠に向かう途中。休憩中に道沿いの木に目をやると、石が突き刺さってます。先日大工さんの親方に聞いた「製材してると中から石が出てくることがある」というのを思い出した。こうやって取り込まれて行くんでしょうか?

森の中で上を見上げると、

Dscn1071 Dscn1074

密生してる木々の間には割れ目のような隙間が見えます。

木どうしは熾烈な生存競争をしていて、お互いのテリトリーを牽制しあってるようにも感じたのですが、実際はどうなんでしょうねぇ。人間も共生しながら競争もしてますから一緒なのかな。

Dscn1081 鹿ヶ瀬峠にある椎(たぶん)の大木。比べるものが横に無いからわかりにくいけどそこそこでかい。和歌山では椎の木は建築用材にもよく使われてるみたいです。他所はどうなんでしょうか?

Dscn1107 Dscn1108 原谷で

躑躅が狂い咲き

Dscn1124 擁壁からなにやらたくさん葉っぱ(種類は知りません)が出てますが、これはそういう構造になっていて意図したものなのか、副産物的に茂ってきたのか?そのうちに全面が緑で覆われそう。 

Dscn1123 真っ黒な子犬。網目越しで見えにくい 猟犬?猪・鹿除け? 

以上、どうでもえぇような画像ばっかしですねぇ。

こんなのいちいち撮ってるから列から遅れて余計に疲れるんです。

もし渡り鳥なら鷹、ヌーとかシマウマならライオンの恰好の獲物。まず最初に捕まって食べられてしまうタイプですね。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

|

« 熊野古道 有田市~日高町② 民家編 | トップページ | 熊野古道 有田市~日高町④ 道端のいろいろ »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆犬猫動物」カテゴリの記事

◆花鳥風月・森羅万象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/43184211

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野古道 有田市~日高町③  山川草木禽獣虫魚編:

« 熊野古道 有田市~日高町② 民家編 | トップページ | 熊野古道 有田市~日高町④ 道端のいろいろ »