« 富田林の“困った” | トップページ | 東海道、八丁味噌蔵 »

2011年11月17日 (木)

安城のモーニング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

デボネアな皆さんとお会いするため岡崎市へ cardash

前日は富田林から一旦帰宅するのが勿体無く、途中御在所SAにて車内泊carsleepy

翌朝はkiteさんから情報をいただいた安城の喫茶店にてモーニング。

“Cafe じゅりん”   6:30から営業してるらしい。朝7:00前頃到着。

P1340808 P1340807

外から見て営業中かどうかわかりにくい。kiteさんの情報が無かったらスルーしてたかも。小心者なもんでsweat01

P1340804 これだけ付いて珈琲一杯の値段、380円。

ミニうどんは関西と関東の中間と言うより、どちらかと言えばちょっと濃いめの関西風。

赤味噌は入ってませんcoldsweats01

P1340805 そのメニュー

中京地区の喫茶店モーニングはこんなところが多いみたい。

店内はこんな感じ。

P1340806 P1340800

P1340801 野菜が! 売ってるのか?

お客の年齢層は高い。この時は還暦以上~米寿くらいのかたばかり。

たくさんあるコミック誌はほとんど紫外線により褪色が進行。

スポーツ紙は当然ドラゴンズが一面トップながら・・・

P1340802 ←朝日にはこんなのが! 

せっかく遠方まで来て全国展開や観光客相手の店に入るなど勿体無い。 近頃では「うちは雰囲気にこだわってます」っていうところよりも、なるべくなら地元民御用達の普通に流行ってる店に入りたい。 

訪問地の地元に知り合いがいるということは心強い。おかげ様でナマ三河弁に囲まれて地元モーニングにありつけたし。

ということで、 これをご覧の当方の知り合いの皆様。そちら方面訪問の際にはまた質問させていただくやもしれませんので、よろしくお願いします。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

|

« 富田林の“困った” | トップページ | 東海道、八丁味噌蔵 »

◆食・飲」カテゴリの記事

コメント

行ったこともない店をご紹介するのは気が引けて、心配でもあったのですが、愛知県らしいモーニングとしてご満足いただけたようでほっとしています。

店内写真を見ると??なアイテムがいろいろあって、
ちょっとした異文化体験ができそうですね。

自分も今度行って見よっと。

投稿: kite | 2011年11月18日 (金) 01:20

ぜひ一度。
ただし当方にはストライクでも、kiteさんにとってはボール、若しくは暴投、もしかしたらデッドボールということもありますので・・・coldsweats01

投稿: onigawara | 2011年11月18日 (金) 09:35

昨日、初めて店の前を通ったところ
なんと空き家になっていました。

( ̄O ̄;)

「貸し店舗」の看板が悲しかった。

結局行きそびれてしまいました。
諸行無常ですね~

投稿: kite | 2012年1月 9日 (月) 22:40

沙羅双樹の花の色、ですねsweat02

いかがですか? そこで「鍾馗カフェ」など。
建物の雰囲気が似合いませんがcoldsweats01

ちなみに、大阪市内に仏像喫茶と言われてる処があります(http://ameblo.jp/hotcake-remix/entry-11013859686.html)

投稿: onigawara | 2012年1月10日 (火) 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/43049390

この記事へのトラックバック一覧です: 安城のモーニング:

« 富田林の“困った” | トップページ | 東海道、八丁味噌蔵 »