« 今西家書院 | トップページ | 漆器まつり »

2011年11月 6日 (日)

火伏医院

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

橋本市の古い市街地は只今区画整理事業の真っ最中。

その中にある昭和の商店街は今まさに消えつつあります。

P1340561 この通りは旧大和街道(伊勢街道)。

その道に面した火伏医院。国登録有形文化財です。

P1340522 主屋部分 

主屋は東側の一部が「少し新しく」、築200年ほど。 

古い部分は築290年だそうです。

その一番古い棟の妻側に鍾馗さんがあります。

P1340511 P1340542

P1340544 ちょっと新しい200年の棟には「水」

P1340520 病院棟は大正の前期。

ネットでちょっと検索してみると、「この建物はどうなるのだろう」と心配されてる方がおられました。

もし当ブログをご覧になることあればご安心召されよ。曳家されてちゃんと修理保存されるとのことです。

P1340528 この塀も移設保存されます。

ただし、心安らぐことばかりではありません。一般家屋に限らず登録文化財でさえも、引き取り手がなければ取り壊しに至る建物が出てきそうな状況です・・・

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

|

« 今西家書院 | トップページ | 漆器まつり »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

コメント

連貼りすみません。

橋本の中心街は以前訪れたときに相当荒廃していて、
心配していましたが、やはり・・
私には一軒ずつの良し悪しはよくわかりませんので、
古い家はやはり連続する町並みの中で楽しみたいですね。

それはそれとしてこの鍾馗さん、知らなかったです!
橋本は鍾馗さんも奈良県の影響が強いですね。
横に銘らしきものが入っているのも非常に気になります。

投稿: kite | 2011年11月 7日 (月) 20:33

信州から戻ってすぐに明日から田舎へ帰りますので、行くのは週明けになります。
駐車場所はオークワもあるけれど、松源の方が近そうですね。

もしかすると、妻側の方は工事中のために立ち入り禁止でしょうか?

投稿: おとん | 2011年11月 7日 (月) 22:00

kiteさん>
そうです。残れば安泰というものでもないです。町並みは生まれ変わるというより、死にます
この日も古いデジカメだったので、銘がわかるような画像は撮れてません


おとんさん>
道路からでも見えますが、工事中でバリケードで囲われてます。
別途情報お送りします

投稿: onigawara | 2011年11月 8日 (火) 05:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火伏医院:

« 今西家書院 | トップページ | 漆器まつり »