« 夏越の大祓式 | トップページ | 彦根-街並み »

2011年8月 2日 (火)

彦根-「なります」

sign02 sign02 sign02 sign02 sign02 sign02 sign02 sign02 sign02 sign02 sign02 sign02 sign02 sign02    

玄宮楽々園、現場見学の後は彦根城博物館内のホールにて行なわれた講演会へ。

講演の主題とは外れた余談ですが、気になったことを一つ。前々から感じてはいたが・・・。

「・・・になります」は最早日本語において市民権を得たのか。

近頃では真面目でそれなりの学歴もあるような人たちとか、年配の方までよく使うてるような気がする。

この講演会でも「・・・になります」と何度も。「・・・です」ではあかんのか

例えばの話、ヤゴを「トンボになります」とか、芋虫を「蝶になります」ならすんなり耳に入るけど、トンボを見せて「トンボになります」、蝶を見せて「蝶になります」は、文法上どうこうということではなく、どうにも気持ちが悪い。

それだったら「トンボ。」「蝶。」と、ブツッと切ってくれたほうがまだまし、と感じてしまうのは自分だけ?

社会の変化に順応できない了見の狭いおっさん、だからでしょうか?

        *

講演会の途中、休憩時間に外に出てみるとちょうど人気者登場。

P1300212 すごい人だかりになります。

P1300211 日影から愛想ふりまくひこにゃんになります。

どう? 「いつなるねん」、「もうなっとるがな」と思ってしまったあなた、仲間です。

この日はかなり暑かったから日陰でないと下手したら死ぬかも。(中身だけ)

coldsweats01 coldsweats01 coldsweats01 coldsweats01 coldsweats01 coldsweats01 coldsweats01 coldsweats01 coldsweats01 coldsweats01 coldsweats01 coldsweats01 coldsweats01 coldsweats01 coldsweats01 coldsweats01

|

« 夏越の大祓式 | トップページ | 彦根-街並み »

◆世間のこといろいろ」カテゴリの記事

コメント

彦根はいい街です。でもいい町並みには人通りが、やはり少ないですね。
キャラクターの、ひこにゃんは「もうなっとるがな」と関西のことばで、、、。
これは鬼瓦さんと、同じ意見です。
本当に日本語は乱れてますね。時折腹の立つことあります。
年のせいではありません。

投稿: 北の魔女 | 2011年8月 5日 (金) 17:51

北の魔女さま

まぁ言葉は文法どおりにしゃべるのではなく時間とともに変わっていくものなんですが・・・。
今はその流れが速い時代なんでしょうねぇcoldsweats01

投稿: onigawara | 2011年8月 5日 (金) 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏越の大祓式 | トップページ | 彦根-街並み »