« ベンガラ塗装 | トップページ | 大阪探訪-中崎町 »

2011年7月 9日 (土)

牟婁路

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

日置での建具と下駄箱の箪笥据付が思ったより早く終わったので、帰りは昼前にエメラルドの入り江(勝手に名付けてます)を通過。

P1290635 午前中のほうが色が映えるみたい。

        *

仕事で日置に行くのも残り少ない。この際ということで、田辺からは龍神回りで帰ってみることにした。

右会津川沿いに県道を遡ると奇絶峡という景勝地がある。

P1290643 切立った山には奇岩、川にも巨岩がゴロゴロ。こんな景色が続きます。 

P1290657 不動滝

梅雨の名残と前日の雨のせいか水量が多い。

Wikipediaの画像はこれ。ちょっと見劣りする。普段はこんなもん?

P1290691 この滝の右手の岩壁に、

P1290695 まがい物(すみません、パソコンがこんな変換するんです)、ではなく磨崖仏がある。

        *

そこからさらに遡ったところにある集落。

田舎のわりに目立った古民家を見かけなかったが、田んぼの向こうからこちらに存在をアピールする建物が一軒。

P1290713 どちらかというと新しそう。

P1290714 ちょっとZOOM

妻壁が遠い県道を往く人の目を引く。(一般的には引かれない人のほうが多いか、多分) 

書道家が創作的に書いた「一」を並べたような梁。

P1290714_2 もうちょっとZOOM

        *

さらにさらに遡り奥山越えて行くと、中辺路・龍神・美山方面への分かれ道に至る。

その少し手前にある飲食店の看板。

P1290732_2 さて問題です。

この「龍」を四つ集めた漢字の読みと意味は?

正解はここ→P1290732_5 をクリック (??のところに書かれてます)

意味などはコチラ

知り合いの設計士の方がこの言葉をちょいちょい使う。奥さんとお母さんが田辺近辺の出なので、その身内の影響受けてるんでしょう。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

|

« ベンガラ塗装 | トップページ | 大阪探訪-中崎町 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆花鳥風月・森羅万象」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。美浜です。

PCの、練習中でやっと鬼瓦を捕まえることができました。
今回の龍4個は、てちと読みます。ピンポーンでしょう。
紀州に始めて来たとき、見つけたの。龍神の喫茶店の名前で、ためらわず、入ったので、記憶してました。
とりあえず、お近ずきのコメントです。

投稿: | 2011年7月17日 (日) 06:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベンガラ塗装 | トップページ | 大阪探訪-中崎町 »