« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

田辺市内

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

日置から仕事の帰りの夕方、田辺市内の町家カフェへちょっと立ち寄り。

P1280734 P1280736 P1280740

珈琲は¥350  ランチなどもあるようです。

お店の方も愛想良く対応してくれて、好印象でした。

ただし町家の建物は仕上げ材などがちょっと残念かも m(_"_)m スミマセン

*

裏の駐車場横の祠

P1280745_2 何を祀ってるんでしょう?

石ころを積んだ柱(?)はトビケラの寝袋(巣)みたい。

*

同じく店の裏にある長屋

P1280732 これは少なからず気になる存在eye

人が住んでるのかな?

近所の街並み

P1280741 P1280742

時代が一つ二つ前のものっていう感じ。(ほめ言葉です)

こちらもちょっと気になる建物。

P1280748 P1280747

私なんぞはこれは町の財産かと思うのですが、世間ではどうなんでしょう?

写真館

P1280749 破風が目を引きます。

それなりに手を加えれば面白いかも。

国道まで出る途中、信号待ちにてcamera

P1280751 古い鉄の機械工芸品が置いてあります。

P1280752 某銀行の支店。去年の10月竣工。

日建設計と大林組によるものらしいです。

新しいものと古いものが同居する田辺市です。

また今度時間あるときにゆっくり散策したいものです。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0)

2011年5月28日 (土)

霧の中のエゴノキ

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

昔、当時まだteenage-boyだった頃、『霧の中の二人』という曲が流行った。

        *

隣町へ雨の峠越え、枝先の細かい葉の先をフリルが縁取るように見える。

こちらは霧の中のエゴノキ

P1280672

P1280666 近寄って

P1280667 さらにZOOM

蝿が一匹。蜜でもなめてるのか、それとも雨宿り?

        *

霧の中の二人』を歌っていたのはマッシュマッカーン(mashmakhan)というカナダのバンド。

北米よりも日本で爆発的なヒットとなったと聞いたことがある。

        *

で、特に何を言いたいということでもないけれど、エゴノキの花が綺麗で、霧を見てマッシュマッカーンを思い出したという、ただそれだけのこと・・・。coldsweats01

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0)

2011年5月27日 (金)

包丁

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

先日、いつもの畳屋さんにてcamera

P1280033

上が床(とこ)用、下ふたつが表用。

どれも最初はもっと長かったものが、研いで使い続けてるうちにこの長さになったそうです。

まぁ刃物ならなんでもだいたいこうなりますが、どのくらいの長さまで使えるんだろうか?

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0)

2011年5月26日 (木)

枯木灘海岸

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

やっぱり長期出張のしわ寄せが・・・

などと言いつつ仕事の合い間にちょっと道草して

周参見辺りの海岸

P1280622 P1280623

残念ながら片平なぎさや名取裕子のようなかたは見かけなかった。

P1280624

海の色がちょっと違う。

それにしてもドラマに出てくる刑事は何故だか定年退職をとっくに終えたようなかたが非常に多いsweat02

P1280638 海岸の褶曲した地層

P1280639 すごく複雑な曲線を描いてます。

「地籍図根三角点」

P1280630 こういうのがあるんですね。知らんかった。

P1280633 色づきかけの枇杷と、田植を終えた田んぼ

P1280635 石積みに囲まれた民家

*

椿温泉のちょっと北あたり

P1280649 P1280643

P1280648 遠く対岸に見ゆるは、

和歌山県の観光収入に多大な影響力を誇るパンダご一家がおわすアドベンチャーワールド。

その集客力は世界遺産の威光をも超える、かもしれないcoldsweats01

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0)

2011年5月23日 (月)

リゾート地、甲子園

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

これは以前有田の旧家から解体前に救出してきたパンフレット

Img03925

甲子園付近

Img03950

観光地であったことがうかがえます。

甲子園ホテルが描かれているということは、このパンフレットは昭和5~19年の間のものということ。

ここの旧家は当時暮らしぶりはよかったようです。

他にも戦争や時代をうかがい知ることの出来るものが少々残ってました。

それらの紹介はまたいつか別の機会に。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (3)

温山記念会館

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

甲子園会館の近所、JR甲子園口近くにある『松山大学温山記念会館(旧新田邸)』

参照:http://www.matsuyama-u.ac.jp/gaiyou/sisetu/kinen/kinen.htm

今回は前を通っただけ。甲子園ホテルと同じく阪神間モダニズム建物の一つ。

設計は木子七郎。(新田長次郎の娘婿)

P1280485 たまに公開もされているようである。

ちなみに海南市の『琴の浦温山荘園』は新田長次郎の別荘で、設計は同じく木子七郎。

温山荘の庭園の庭石はモルタルなどで擬装され、建物には当時最先端の建材であったベニヤが使用されている。それも重要文化財の指定を受けた大きな理由。

ここにも同じような手法が用いられてるのだろうか?

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0)

2011年5月22日 (日)

フランク・ロイド・ライト

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

昨日の土曜日、「すまいをトーク」の6月度講座にて『旧甲子園ホテル』と『旧山邑邸』を見学。

*

旧甲子園ホテル=現武庫川女子大学 甲子園会館

P1280426 P1280325

P1280366 P1280358

*

旧山邑邸=現 ヨドコウ迎賓館

P1280582 P1280547 

P1280503 P1280545

*

内容などはまた後日「すまいをトーク」のレポートに。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0)

2011年5月21日 (土)

日本はがんばってますから

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

わたくしめのようなそんなに頑張ってないヤツに言われる筋合いはないでしょうが・・・

Dvc00117 (甲子園にて)

あなたたちこそもうちょっとがんばりなさい

お願いです、応援してますから coldsweats01

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0)

千葉

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

先日までの千葉でのこと、3週間も滞在して積る話はあるけれど・・・

とりあえず画像をひとつ

P1260855 仕事中、車窓よりcamera

画像左側のような寄棟がこの辺りの古い形なのか?

   ・

その他はまた追々に。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0)

2011年5月20日 (金)

蒟蒻の開花

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

我が家の畑に蒟蒻の花が咲いた。

P1280256 矢印の先、

P1280260 ハッサクの木の下に。

下から、

P1280264 地面にいる虫の目線で、

上から、

P1280261 P1280262

フラッシュを光らせると白く反射する。

中を覗き込んで

P1280263

お隣の畑では何回も見たが、やっとうちでも咲いた。

べつに綺麗でもない、どちらかというとグロテスク?sweat02

でもなんとなくうれしいような気がせんでもない。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0)

2011年5月18日 (水)

二重垂木

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

N邸の中間検査が終了。

法規とは関係ないけど、軒先は二重垂木。

P1280149

野垂木と化粧垂木の間から軒先方向に向けてcamera

P1280051

小屋組み

P1280147

この大工さんは「外材と国産材」、「手きざみとプレカット」のどちらを選ぼうなどと考えることは一切ありません。

石場建てとコンクリート基礎の上に土台、このどちらかという選択肢はあるようですが。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0)

洗車

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

バッテリーあがりで動かせず、その後長期間不在となりホコリまみれだったA33号を洗車してやった。

P1280167 黄砂もsad

      

P1280188 さっぱりshine

P1280193

バッテリーも寿命かと思ったが、旧車仲間のOタイヤさんで充電してもらったところとりあえずもう少しは使えそう。

長いことほっといてすまなんだなぁ。車検はもうちょっと待ってくれ。

(*_ _)人

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0)

2011年5月16日 (月)

復帰

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

遠隔地にて休み無しの20日連続業務も終了。

20泊21日の後、千葉を駆け足で徘徊して本日の朝帰宅。

午後に所用のため越えた長峰山脈は、留守の間に季節は春から夏へ模様替え。

P1280114

これは?

P1280115 栃?

P1280112 椎も花盛り

我が事務所のソメイヨシノも

P1280027 若葉から蒼葉に。

裏庭のイグサの背が伸びて、

P1280029

蓮も葉が広がっていた。

この季節、三週間も経つと、山でも里でも彩りはかなり変化する。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0)

2011年5月 3日 (火)

更新滞り

只今震災関連の業務にて東国に滞在中。

上総・下総の内陸部では日本瓦の棟の損壊が多く見受けられます。

今日のところはとりあえずこのへんでcoldsweats01

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »