« 左甚五郎 | トップページ | HONDA Squash »

2011年4月18日 (月)

油壺

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

というてもココのことではない。

吊ランプのパーツ。油壺というらしい。

P1260151 洗う前

P1260186 洗た後(入力間違いではありません 『あろたあと』です)

P1260184 徹子さんの頭に似てるような・・・

芯も火屋(ほや)も無い。ちょっと花など挿してみた。

P1260200_2 当事務所の窓。

失敗したのは、牡丹は暗くなると花を閉じること。この程度の明るさでもしばらくすると閉じてしまった。ということは蒲公英とかもそうなるのか?

昔の硝子を間近に眺めると、なにやら艶かしく感じる。 それと壊れやすくはかなさのようなものも。 

P1260191 P1260202 気泡とゆらぎ

不完全さもまた惹かれる理由の一つかも。

温度は温かくはないけど人間の手で作った温かみも感じる(ような気がするだけ?)。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

|

« 左甚五郎 | トップページ | HONDA Squash »

◆古いもの・こと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 左甚五郎 | トップページ | HONDA Squash »