« 胡麻煎 | トップページ | 板戸 »

2011年2月26日 (土)

てふてふ

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

築何年くらい経った家なのか。もうじき解体。

P1220968 釘隠しを(も)いただく。

蝶々なのか、もしかしたら蛾? ではないと思うが・・・sweat02

P1220970 軽く水洗いしてみた

蝶とした意図は?

意図があったのかなかったのか? 今となっては知る人もいない。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

|

« 胡麻煎 | トップページ | 板戸 »

◆しごと」カテゴリの記事

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆古いもの・こと」カテゴリの記事

◆建物パーツいろいろ」カテゴリの記事

コメント

なんとなくフワフワしていてファンシーなデザインですね。

家紋が蝶だった、と想像してみたり。

投稿: inomamo | 2011年2月27日 (日) 00:54

家紋は蝶ではないとのことです。
もしかしたら平家の末裔を主張してたりして( http://www.otomiya.com/kamon/animal/tyo.htm )

“ファンシー”という言葉、なんとはなしにいい響き。昭和40年代を感じてしまいます。

投稿: onigawara | 2011年2月27日 (日) 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胡麻煎 | トップページ | 板戸 »