« 紀伊水道冬景色 | トップページ | 日置へ 路傍の「水」と銭湯痕 »

2011年1月11日 (火)

結晶

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

11日はこの冬一番の冷え込み。水道屋さんによると水道管凍結による破裂の修理に何軒も行くという。

我が家のデボネアも霜まみれpenguin

P1210528

Sp1210529 ボンネット

Sp1210532 ルーフの結晶

倉庫がみかんや古材とかに占領されて、現在はやむを得ず時々露天にて夜を過ごす。このままでは25歳のボディにいいはずがない。人間ならお肌の曲がり角だが平均寿命はずっと短いから尚更のこと。coldsweats02

Sp1210534_2 ミニカのリヤガラス

霜による自然の造形

       *

コチラはストックしてる古材の型板硝子

P1210549 呼称は「結晶」

製法を詳しくは知らないが、製造の工程で膠を使うらしい。

昭和20年代の後半くらいまで作られていたとのこと。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

|

« 紀伊水道冬景色 | トップページ | 日置へ 路傍の「水」と銭湯痕 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆のりもの」カテゴリの記事

◆花鳥風月・森羅万象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紀伊水道冬景色 | トップページ | 日置へ 路傍の「水」と銭湯痕 »