« 日野往復道中 | トップページ | 銘木と木材と建材 »

2010年11月25日 (木)

数奇屋の泥蜂

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

侵入者というか無断同居者というか

蜂が泥で作った巣を家の中で見るのは珍しいことではないが、こんなところにまで入り込んでるとは、

P1190989 P1190991

めくった紙の赤い矢印のところに穴がある。ここから入ったのか。

この襖は座敷、床脇の天袋のもの。

Img_6601 (この座敷、高価な材を贅沢に使てます)

家は古いとはいえあばら家などではなく、年数のわりにはピシッとした数奇屋建築。

Img_6600 外観。木連格子に懸魚の妻壁。

今の家なら虫など入ることはまず無い。気密性は十分。

それって本当にいいことなのか?どうなのか?

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

|

« 日野往復道中 | トップページ | 銘木と木材と建材 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆花鳥風月・森羅万象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日野往復道中 | トップページ | 銘木と木材と建材 »