« 打ち合わせ | トップページ | 朝焼け »

2010年10月 2日 (土)

益と害の境界線

+ ・ ・ ・ + ・ ・ ・ + ・ ・ ・ + ・ ・ ・ + ・ ・ ・ + ・ ・ ・ +

有明の月に椋鳥(ムクドリ)

P1150931

ムクドリは害虫を食べることから以前は益鳥であったが、それが今では果樹園の作物を食べるとか騒音、糞害などで害鳥という立場にあるとのこと。

なにもムクドリが方針転換したわけではない。変わったのはこちら。益と害の境界線は人間側の一方的な都合によって移動するのである。

と言うても、こちらに迷惑がかかるのを避けるため駆除したりするのは仕方が無い。

ただ、「すまんの~」という気持ちを心の隅のほうでもええから持っときたい。

「駆除」という言葉もちょっと業務的で血が通ってないみたいに感じるな。

ちなみに高野山には業界の団体が建てた“しろあり供養塔”があるそうです。

串本あたりにオニヒトデの供養塚とかはないのかな?

+ ・ ・ ・ + ・ ・ ・ + ・ ・ ・ + ・ ・ ・ + ・ ・ ・ + ・ ・ ・ +

|

« 打ち合わせ | トップページ | 朝焼け »

◆世間のこといろいろ」カテゴリの記事

◆花鳥風月・森羅万象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 打ち合わせ | トップページ | 朝焼け »