« 実るほど | トップページ | お堂の小屋裏 »

2010年9月24日 (金)

百年モノの畳

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

改修中のK家にて畳の表替えの打ち合わせ。

田の字型の一番玄関から遠い部屋、六畳の「なんど」に敷かれた畳。

P1150672 裏面

畳屋さんによると、造りから推定してこの床(トコ)は百年くらいは経ってるらしい。この家は築約百年なので新築時のものと推定。

長い藁を縦横にていねいに並べて、当然手縫い。取っ手は棕櫚。麻の糸が切れてしまった箇所が多くある。

表替えするには、まずこの“トコ”を修繕する必要があるのだが、それにはそこそこ手間がかかってしまうとのこと。

文化財なら当然なんぼかかっても直すのだろうが、そういう訳にもいかん wobblysweat02

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 実るほど | トップページ | お堂の小屋裏 »

◆しごと」カテゴリの記事

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

コメント

直せばよいのに?中々こんな代物に巡り合う事は無いよ!しっかり締め直して

投稿: | 2010年10月10日 (日) 20:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実るほど | トップページ | お堂の小屋裏 »