« 針江のかばた | トップページ | 塩津浦より »

2010年7月 7日 (水)

*********************************************************

今日、現場へ出かける際、加茂川に見慣れぬ鳥が。

P1100785 一瞬カラスかと思ったが、

P1100789 sign02

今年になって以来2回ほど見かけたことがあった。 今回めでたく撮影に成功(大げさな?)

*

ちょっと「鵜」について検索してみると・・・

「鵜」は元々中国語ではペリカンのことで、日本では本来「」だそうな。

ちなみに持統天皇の諱(いみな)野讚良(うののさらら or うののささら)。

*

川で遊んでた子供の頃より、鷺と同じくこの谷では見たことが無かった鳥。

子供の頃からと言うても物心ついてから高々50年ほど。他所の環境が悪うなって落ち延びて来たのか、元々ずっと昔に棲息していてこの地の環境が良うなって戻ってきたのか、定かではない。

*

一時間ほどして帰ってきたら、そこの場所にはいつもの鴨がいた。

P1100791

*********************************************************

|

« 針江のかばた | トップページ | 塩津浦より »

◆花鳥風月・森羅万象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 針江のかばた | トップページ | 塩津浦より »