« 新聞広告のデボネア | トップページ | 河井寛次郎記念館-2 »

2010年7月23日 (金)

河井寛次郎記念館

*********************************************************

京都は東山、五条坂から南へ下り

P1110388 この通りを少し行ったところに

P1110389河井寛次郎記念館」 

昭和12年築。日本各地、特に飛騨高山の民家を参考に河井寛次郎が設計(パンフレットより)

P1110682 玄関を入ると・・・「嫁隠し」と「通りにわ」

玄関脇の部屋は

P1110672 五畳の間。広さは四畳半?

P1110508 囲炉裏のある広間。上部吹き抜け。

床は

P1110393 擬「朝鮮張り」

この部屋の床には格子が嵌め込んであるところが2箇所あり、ひとつは囲炉裏前の給気用、もうひとつの大きいほうは防空壕の蓋とのこと。(参照サイト

P1110513 囲炉裏の奥の室

二階

P1110552 東側の居間と上段の間

P1110581 書斎

P1110592 書斎天井

P1110607 吹抜け部天井は煤竹

細部のしつらえ 等

P1110568 P1110652 襖・引戸の引手

P1110502 出桁を受ける方杖(と呼んでいいのか?)はやや細め

P1110406 洗面

P1110422 中庭

P1110476 東の奥にある登り窯

P1110477 窯のほうに行く時に履くサンダル。

今でもこんなの売ってるのか? 売ってる場所を知りたい

最近日本の近代建築の本を読んだり現物に接する機会が続いたりした。それはそれで興味深いし面白い。

けどやっぱりしっくり来るというか何というか、この家に入った時に、「帰ってきた」というような気分を少し感じた。それまで電車の中で読んでた本(「日本の近代建築」)の反動かもしれないが。

記念館近く。五条通りに面したところにある蔵。

P1110387 組積造or陶板貼り? 材料は清水焼?

*********************************************************

|

« 新聞広告のデボネア | トップページ | 河井寛次郎記念館-2 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新聞広告のデボネア | トップページ | 河井寛次郎記念館-2 »