« 山本勝之助商店 | トップページ | 黒江の町家 »

2010年5月29日 (土)

善福院~塩津集落散策

一週間前、『ありだの民家を考える会』の催しとして『塩津の町並み散策』

*

まず『善福院 釈迦堂』へ。 (画像は2003年秋)

Cimg1088 Cimg1098

鎌倉期、栄西禅師の創設と伝わる禅宗様式の寺院。鎌倉・円覚寺舎利殿、山口・功山寺と並んで有名。詳しくはこちらで。

国宝を巡り紹介されている方のサイトでは、全国の「国宝建築・道迷いランキング」にて堂々2位にランク付けされている。

住職と文化財関係の方に、国宝たる所以と他には見られない特徴などをお聞きする。初めて聞く興味深い内容がたくさん。ここだけで終わってもこの日は十分有意義、というくらい、今まで何回も訪れた中で最も濃い内容になった

*

次にこの日のメインメニュー、塩津集落へ。去年の秋、恒例の「一押し民家」の発表にて最優秀賞をいただいた街並み。

石積みと石張り、石段の集落。集落内の通路は迷路のよう。

今回は雨の中案内役にて撮影は控えめ。以下の画像はその時撮ったもの。

Img_4751 Img_47533

Img_49280 かつてこれと同じような蔵が浜に面して立ち並んでいた

紀伊風土記の丘にある重文、谷山家も元はここに並んでいた

Img_47591 Img_4762

Img_47654 Img_47652

対岸にマリーナシティと名草山(麓に紀三井寺がある)が見える。

ここのご主人が言うには、城の石垣を積む職人が来たそうである。

使われてる石は基本的に「あお石」(=緑泥片岩)

Img_4803 浜へ続く本通り

国鉄が開通するまでは、熊野街道が通る加茂谷の物資を港へ運ぶメイン道路。

Img_4868 Img_485963

今はかなり少なくなってしまった、石畳が残る路地。

Img_4890 Img_48451

私道か公道か判断に迷う道が多い。 所々に井戸がある。

Img_4807 Img_4903 トマソンも

Img_4784 20102205p1080896

Img_490722_2 坂に沿って煉瓦塀

Img_4787 Omake

地元和歌山では知名度は低いが、いろんなサイトで紹介されていたりする。

・ スケッチ紀行1、 2

・ スケッチ紀行(和歌山県の欄 塩津+戸坂で7回)

・ 画像など

・ 画像など

去年ものすごく久しぶりに歩いてみて面白さを再認識した。もっと評価されて然るべき。他所のかたはもちろん、近くの方々にもっと知ってもらいたい。

観光化は全くされていないので、飲食施設などは無し。日曜には食料品店なども閉まってるかも。ただし釣り客向けの駐車場とトイレは最近できた。

どなたか土日だけでもカフェ・茶屋などやったろかという物好きはいないものか? 迷路のような路地の奥のはわかりにくいところで。   

なに?お前がやれ?それはちょっと・・・早期退職で退職金が受け取れるような立場なら・・・

海南市 下津町塩津 塩津浦 廣福禅寺 ラビット S301BHⅣ

「塩津散策」と銘打ってるがスケジュールはこの後に黒江と温山荘もメニューに盛り付け。

               「黒江・温山荘」の巻につづく

*********************************************

|

« 山本勝之助商店 | トップページ | 黒江の町家 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山本勝之助商店 | トップページ | 黒江の町家 »