« 150年モノ 解体 | トップページ | 餅の鉋? »

2010年4月21日 (水)

続・150年モノ解体

*************************************************************

小屋裏/竹と藁の野地/梁端部のシロアリ被害痕

P1070039 P1070047 P1070052

元々草屋葺きであったものを瓦屋根に改造したと聞く。小屋組みはたぶん本体架構より新しい。(とは言うてもそのあたりの「古民家」より古い)

シロアリの被害は補強コンクリートブロック造との取合い部分。雨仕舞いに問題があったと思われる。建物のつなぎ目にはプランの段階よりもっと気配りを。

二階梁の上に棟札らしきものを発見。屋根改造の際に棟から降ろされたのかも。

P1070117 P1070074

汚れで読みにくいが、「安政六歳 己未 霜月吉日」と読める。検索してみると安政六年は己未で間違いない。 重兵衛さんが三十四歳の時のものらしい。

安政六年=西暦1859年。今から151年前。安政の大獄、吉田松陰が斬首された年。

安政の大地震はこの5年前。

「寶壽院」は高野山か?

お札の置かれていた梁の端に 泥で作られた蜂の巣。

P1070083

これも検索pc キゴシジガバチ(黄腰似我蜂)の巣らしい。

http://maboroshinomori.cocolog-nifty.com/photo/2006/09/post_b935.html

「くびれ」るにもほどがある。

* 古民家 解体 とりこわし

*************************************************************

|

« 150年モノ 解体 | トップページ | 餅の鉋? »

◆しごと」カテゴリの記事

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

コメント

うらやまし・・catface

投稿: suzu | 2010年4月23日 (金) 09:18

「くびれ」に?coldsweats01

投稿: 鬼瓦 | 2010年4月23日 (金) 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 150年モノ 解体 | トップページ | 餅の鉋? »