« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

京都府庁

重要文化財の旧本館 

敷地は京都守護職屋敷跡

P1020630 明治37(1904)年 竣工

設計者は京都府技師 松室重光

庭園は七代目小川冶兵衛の作

P1020648 玄関を入って正面の階段

Img_1782

Img_1757 旧知事室

知事の椅子からの目線

Img_1786 中庭の枝垂桜

この西側にある容保桜は16代目佐野藤右衛門の命名

Img_1722 北側の出入口

P1020633_2 東側に建つ別館

*******************************************************

| | コメント (0)

きさらぎの もちづきのころ

旧暦カレンダーによると今日如月十六日が満月

倉庫前の桜がほぼ満開。九部五厘咲きくらい。

P1020961 昨夜

植えてから十数年経つか。今にして思えば山桜にすればよかった。

P1020977 働き者

足についた花粉でも煎じて飲んでみようかjapanesetea

P1020974

もしかしてこよなく360ccを愛するはちみつ屋けんちゃんとこの従業員?分身? うちで1台預かってるのを見に来てるのかも。

三輪が好きなけんちゃん。これに乗ればピッタリなのだが

http://gazoo.com/meishakan/meisha/pdf/8205.pdf 

さすがにイベントなどでも見たことが無い。

願わくば 花の下にて・・・・・・とりあえずK111・A33復活(なんと世俗的で器の小さな願いかcoldsweats01

*************************************************************

| | コメント (0)

大山崎~島本町界隈

聴竹居近辺

大山崎

Img_1642 真面目な(?)洋館。

P1020388 工場+倉庫+事務所 ?

Img_1667 注意喚起にはよろしいでしょうが、ちょっと悪者あつかいしすぎとちゃいますかwobbly

P1020621 平屋部分が屋上緑化

こっちははからずも屋上緑化が進行形?

Img_1668 P1020617

P1020618 三菱スタリオン! 今や絶滅危惧種。こんなところに潜んでいたとは。前回は気づかなかった。

P1020507 またぞろ出たか!! ゆるキャラ。大山崎町歴史資料館内。

P1020494 P1020499 板金仕上げの見本的建築。離宮八幡宮の参道?沿い

島本町

P1020478 P1020485 『かぎ卯』

うどんは細麺。谷崎潤一郎の小説に登場する店らしい。それを売り物にはしていないようである。

以前来た時ははここへ⇒P1020475 『西村亭』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2)

2010年3月30日 (火)

聴竹居へ

本来なら参加してる会より見学すべきところ、都合により出席できなくなることなどの“保険”に申し込んでおいた別口に当選(補欠)。

二度目の聴竹居見学。

昭和3(1928)年、藤井厚二による「・・・住宅の理想形を・・・追い求めた・・・集大成・・・」(HPより)

日本の気候・風土、新しいライフスタイル、デザイン・・・などを研究・実践・試行した結果これが出来上がった、ということか。

私のような建築を芸術的にとらえる眼力も表現力も無い田舎建築士が無謀にも一言で表せば、「洋風数奇屋」。coldsweats01  

細部まで妥協することなくデザインし尽くしてるように思える。

これを日常のすまいにするには、ストイックな性格、もしくはその逆の無神経さが必要なのでは・・・? 私なんぞは「ええかげん」とか「あいまい」さがもっと無いと疲れてしまいそうに思えるのだが・・・。

画像のアップは外部のみOKとのことで

今回(今年の春)

Img_1670_2 P1020517

所有者の同意があればすぐにでも重要文化財に指定される状況にあるらしい。

が、色々な問題があり楽観はできないようである。

毎日放送のテレビ番組、「美の京都遺産」の聴竹居の回を皆で見せていただいた。

うまくは言い表せないが、「真珠の小箱」はよかったなぁ。

松隈氏の話はナマで聞けてよかった。

去年の夏

Img_3757 Img_3764

当初はもっと“洋”の雰囲気であったとのこと。

内部の画像はここでは紹介不可。

参考⇒ http://www.chochikukyo.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2010年3月27日 (土)

牛乳箱裏の滞在者

我家の玄関脇

P1020313 P1020288

                これが牛乳箱

その裏に

P1020289 いつからいるのか蝸牛snail

P1020309

早速デジカメの試し撮りの被写体にcamera

でんでんむしなどまじまじ見るのは久しぶり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2010年3月26日 (金)

3月26日/如月十一日の画像

先日買うた中古デジカメで試し撮りcamera

P1020299 P1020305 P1020306

P1020315 P1020317 P1020318

P1020319 P1020322 P1020325

P1020343 P1020358

今まで使ってたデジカメにはなかった光学10倍はやっぱり便利。

しかしそれより寧ろ、このごろ頓に近いところが見えにくくなった目にはマクロで撮った画像に新鮮味を感じるsweat01

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2010年3月25日 (木)

火鉢の“灰”

Iさん宅の火鉢。中の黒いのは籾殻の灰。P1020225

実質は灰というより籾殻炭で、全体が温まるが、多少のにおいと煙も出るらしい。

※灰の知識・薀蓄など⇒ http://7rinhonpo.jp/archives/50591726.html

肥料袋に一袋いただいた。

他にも灰入りの火鉢を別の現場で、民家協会のNさんには手焙りをもらったし(もらってばっかりcoldsweats01)、来冬は実用に供したい。

そのIさん宅の四畳の間の網代天井。

P1020246

柾と皮を交互に編みこんである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2010年3月24日 (水)

小松崎茂のデボネア?

ホームセンターの玄関脇に本のバーゲンコーナー。半額につられてつい購入。

P1020278_2  『小松崎茂と昭和の絵師たち』

この絵に目が留まる

P1020279_2  左ハンドルのホンダS。その後は

P1020280 デボネアではないやろかsign02

一見アメ車のようでもあるが・・・A30を参考にして描いたように見える。

場所は名神高速の京都南ICより少し大阪寄りで新幹線と交差するところ、と推測。

だいたい旧車乗りってこんなどうでもええようなものにも反応してしまう習性が少なからずあったりする。年齢に関係なくcoldsweats01

「ミヤタ 走る超特急」で検索してみた

※参考

http://www2u.biglobe.ne.jp/~tamiya/zeppan/hikari/index.htm

http://www5a.biglobe.ne.jp/~toyoyasu/m081018_2.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (4)

古民家移築再生と伝統構法新築民家

民家再生協会の仲間、Uさんにお願いして再生中のお宅を訪問。

今回は建築士会の木造研究会に来られてる皆さんと一緒に見学。

P1020158 P1020172

Uさんにはお世話になりましたm(_ _)m

続いて当初予定になかった伝統構法にて新築中の大工「」さんの自宅を見学に行くことに急遽決定。

その道すがらcamera

P1020175

いつ見てもなにかすっきりしない感が残る。cloud

P1020176 ジャパンの関連施設か?

たしかこんな配色だったような・・・・・

有田川町の邸現場

P1020187 P1020184 P1020182

構造は基本的に約200年前のさん宅と同じ。

柱脚は基礎に緊結などすることなく、筋交いは当然無い。

P1020189 O氏

家も大工も足元はこれでなくてはsmile

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2)

2010年3月23日 (火)

田原本

★三輪から田原本へ。

途中信号待ちの道路脇に

P1010982なつかしの三菱ミニカ550 ナンバーつき

昭和の終わり頃中古で買うてたしか平成元年まで乗っていた。

File06562_2 月日は流れ、この子も今は26歳。

★ラビット仲間、I氏のお義父さんの作業場へ。

P1010996 怪しい(楽しい)ものがいっぱい詰まった場所。

うちと同じようなものもあるけど、質・量ともずっと多い。ゾウガメとカメムシくらいの差がある。ここは何時間いても飽きることがなさそう。

★田原本の街並みなど

・文具関連の会社の旧店舗と住宅

Img_1526 Img_1529

Img_1538

たまたま社長が向かいにおられ声をかけてくれ、幸運にも建物などの説明と内部も見せていただく。

・商家の町家

P1020064 P1020084

・信用金庫と隣の衣料店

P1020052 P1020053_2

・左官の仕事

Img_1528 破風下に漆喰の亀

Img_1585 袖壁のAUDI 

・格子

Img_1561 “亀甲”と言うより“並んだ亀”or“亀のラインダンス”

・床下換気

Img_1606 このカタチに呼称はあるのか不明。よそで同じものを見た覚えがないので撮camera

・タイル 

Img_1614 元店舗と思しき建物外部 腰

・鬼瓦

P1020067 P1020103

   先日購入の中古デジカメ、光学10倍が威力を発揮(というほどでもないが)

・硝子

P1020089_2 ショーケースのスリ加工

・散髪屋

Img_1581 刈ってもらいたい。ちょっと勇気いるけどsweat02

・環濠の名残?

Img_1553 かつて田原本までは水運。ここより先の高取・吉野、大宇陀・古市場・伊勢方面などへは陸路であった。などと、先述の社長に教えていただいた。

道標

Img_1578 右 京・・・/左・・・よしの、かうや

もっと掲載したいがきりがないのでこのへんで。

ぜひまた訪れたい。

★付録

Img_1572 田原本のわんこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2010年3月22日 (月)

三輪

“三輪”というてもImg_1240 とかImg_12172 のことではない。

P1010932 大神神社 

横に車の祈祷所がある。もしかミゼットとかケサブローのオーナーになることなどあらば、畏れ多くも是非ここでお祓いをお願いしたい。(ただし、辿り着ければ)

P1010965 P1010945 三輪駅とJR桜井線

そうめんの森正  店は格式を感じさせる古民家。

P1010913 P1010915

P1010912 P1010931

今度はそうめんを、とは思うが、

次来たらたぶんここP1010958 とか

こんなところP1010971 にしてしまうやも。

                  正統派よりB、C級の匂いに惹かれる。

こんな↓車ならホットドッグでもええか。

P1010938 P1010941

大事に使ってるように見受けられる。コジャレたクルマ(例えばシトロエンとか)よりこんなのに惹かれたりする。

三輪のにゃんこ

P1010943 参道脇にて。高いんだか雑なんだか?

P1010951 見た目はそろそろ尾が分かれてきそうな・・・。

                                    田原本へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2)

紀ノ国部品交換会/黄砂

第19回 紀ノ国二輪四輪チャリティー部品交換会

暴風雨と雷は夜明けまでには上がるも長靴は必携。

P1020121_2  長靴の“ないとき~”

画像をいくつか

P1020134 P1020136 P1020122

P1020137 P1020147 P1020129

P1020130_2 キャロルキング氏

P1020125_2 T君の移動住宅的くるま。でかい。

雨上がりの黄砂

P1020126

この時間に日食があれば・・・。

P1020151 帰路渋滞中のR42より

黄砂にかすむ和歌山マリーナシティ。

| | コメント (0)

2010年3月18日 (木)

クロマグロ など

大西洋・地中海のクロマグロの国際取引禁止案がワシントン条約会議の委員会で否決されたそうな。

絶滅の危機にあるというモナコの主張は、純粋にそれを危惧したものなのかどうかはわからん。もしかしたら他に意図があるのかもしれない。

が、日本の商社・企業が世界と日本の将来のことを慮るなどとも思えないし(以前林業家のかたからその所業についてお聞きしたことがある)、我々日本人がはたして堂々と反論できるような営みをしてるのか?大量に輸入して大量に食べ残すなどしてるし・・・wobbly  とも思う今日この頃。

正しくて、かつわかりやすい情報を池上さんあたりから聞いてみたい。ear

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2010年3月17日 (水)

煙出し

撮りためた画像から。

屋根につく煙出しいろいろ、近畿近辺。

●紀伊

Img_2986 九度山

Img_2998 九度山

Cimg7875 粉河

●大和

Cimg8085 長柄

Cimg1777 薬師寺

●河内

Cimg2786 枚方

Img_2839 富田林

Cimg2031 太子

●丹波

Cimg1342 八木

●播磨

Img_8432 三木

Img_2226 龍野

●伊賀

Cimg1220 名張

和歌山の紀ノ川筋あたりではセンターをずらしてあるケースが多い。何故かは知らない。デザイン以外の理由があるとは思うが。

これも多分煙出し。

Cimg7990 奈良・長柄

0818_0001 海南市下津町(寺の庫裏)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2010年3月16日 (火)

ロゴ

郵便局で同級生と出会った。駅前通りでスポーツ店を経営している。

Img_1474 ウィンドブレーカの背中

Img_1489 店の袋

このロゴとイラスト、はずかしながらワタクシの考案。

あれからもう20年くらい経つか・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2)

2010年3月14日 (日)

ちょっと旧車

今週出会ったちょっと古い車たち。

●隣町のケンメリ

Img_1331

しょっちゅうではないがよく通る道沿い。状況から見て長期間ここに置かれてると推測。初めて気づく。

●和歌山市内某所のハイラックス

S50img_1382

通りすがりに一瞬いすゞと思ったけど、トヨタハイラックス。

●泉州のRX-7

Img_1435 Img_1436

当時のナンバー。

●同じく泉州のミニカDANGAN ZZ4

平成元年から1年ほど売られた初期の550cc。

ちょっと前まで660を含めてこのタイプはまだまだよく走ってたけど、最近ぐっと見かけなくなったような気がする。

これもエコカー減税の仕業か?

Img_1458 Img_1456

RALLI ARTのステッカーあり。ちょっと気合が入ってると見た。

先日のネットのニュースによると、ラリーアートもほとんど廃業に近い業務縮小とのことらしい。

夕暮れの泉北コンビナート

Img_1454

運転しながら撮るのはむずかしいし危ない。もうちょっと上まで写ってたらよかったのに。

「工場に萌える」という気持ち、わからんでもない。coldsweats01

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (1)

2010年3月13日 (土)

回って回って回って回る橋

大阪市は木津川にかかる橋。

こんなに何重にも回る橋は和歌山には無い。田舎もんには珍しい。

千本松大橋。大正区と西成区の両側とも螺旋状。

Img_1410 Img_1409

実際に車で走るともっと回ってるような気がする。

歩いて下ってる人は向こう側からやってきたのだろうか?

新木津川大橋。大正区側だけ螺旋。住之江区側はUターン。

Img_1416 Img_1417

間近に見上げると大きなスタジアムのようにも見える。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (4)

2010年3月12日 (金)

欄間のコウモリ

画像は戸定邸(松戸市)の欄間

Img062_2 

2_img062_2 

建物の部分の他、陶磁器などにも描かれてあったりする。

今ではコウモリというと気味悪いイメージが一般的だけど、元々は吉祥文様。

中国では「蝙蝠」の発音から「福」に通ずるとして好まれたらしい。

ずっと昔からなんでも中国をお手本にしてきたけど、文明開化以降は動物に対するイメージも白人化してきたようである。

さて鯨は・・・これからどうなっていくんでしょうかねぇsweat01

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2010年3月11日 (木)

駅前食堂

湯浅駅前。

Img_1361_2

壁のガラスブロックとショーケース

Img_1362 Img_1379  

湯浅あたりには年に何回も来るけど、この店入ったのは約40年ぶり。

中学生の時に近くの高校に柔道の進級試合に来た際、ここで昼ごはんを食べた。

何を食べたかとかは全然記憶に残ってないけど、暑い中いそがしそうにはたらくお店のおねえさんの、何べん上げても上げても半袖の袖口からずり落ちるブラジャーの肩紐のことは憶えている (いうても男子中学生ですからcoldsweats01

店内。 ハリボテでもええからもうすこし工夫したらええのに。

Img_1365 Img_1366

腰タイルは昔トイレ・浴室によく使われていた玉石模様。 これはok

漫画とともに置かれていた小さい子供向けの絵本。

Img_1369_2 Img_1370_2 山本忠敬 さく

オムライス

Img_1372

洋食屋ではないから丼もんのほうがよかったかな。皿はええ感じ。

味は・・・まぁともかくとして、昔ながらずっと営業してる店に入って普通に食べてるこんな自分に満足してる、という状況でしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2010年3月10日 (水)

農民ってそんなにつらい?

昨日の某大手新聞の投書欄。7年前に定年退職して今はTV・映画のエキストラを楽しみにしてるとの投稿。

『場合によっては農民に扮し、野良着を着せられて田んぼや畑に入るなど、つらいこともある』らしい。

字数の限られた投稿文だけでは細かいことはわからない。真冬に夏の場面を撮ったとか、炎天下に真冬の衣装だったとか・・・もしかしたらそういうこともあったかもしれない。

けど、エキストラで扮するだけでも『つらい』こと。それを生業としてる人がいっぱいいてるんですが、この御仁はどういうふうに見てるのか。ちょっと聞いてみたい気がした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2010年3月 9日 (火)

旧車隠れ家~趣味の館へ

ミニ・プレ走行会解散後、雨の中を仲間の旧車隠れ家~隣町の趣味の館訪問

Img_1262_2 Img_1311

壁一面に張られたレアな琺瑯看板 、ゲーム機、ジュースの瓶・・・。凄いコレクションshine

未整理の二階に置いてあった昔の雑誌に、ここの主とこの日はミゼットのT君の若き日の姿が。

Img_1309 趣味の館の主。かえらし顔してます。

Img_1310 T君。今はかなり成長しています、質・量ともにsmile

雑誌の名は忘れた。たしか族車系と聞いたような・・・?

ちょっと走ってくるつもりが、ものすごく濃~い一日に。

次週の走行会は都合により不参加。その分も堪能delicious

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2010年3月 8日 (月)

住宅版エコポイント

本日より住宅版エコ(ノミック)ポイント申請受付開始。

要するに、短く言うと、早い話が、わかりやすく要約すれば(くどいかsweat01)・・・工業製品をたくさん買うて国民こぞってどんどん消費に励みなさい、ということ。

経済危機の折、経済政策としてとやかく言うつもりはない。けど、

ほんまもんのエコロジーなものには補助金つきません。この先ペナルティなど付かないことを祈りたい。carみたいにwobbly

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2010年3月 7日 (日)

走行会

本日雨天のため、予定していた『紀の国360ccをこよなく愛する会』の走行会は次週に延期。

のところ、一部メンバーにて予定を縮小してミニ走行会。

◆朝、紀三井寺競技場に集結

Img_1179 車の色と建物の色がそろってる

骨董フリマの脇を通りぬけ、出展のオネエサンに手を振ってもらいつつ出発cardash

◆和歌浦まで走行。不老橋前で記念撮影。

Img_1185 Img_1217 片男波の手前でUターンしてマリーナシティ経由で海南へ向かう。

◆漆器の町、黒江へ。消防倉庫前の団員さんたちの注目を浴びながら駐車場に到着。

ぬりもの館にて昼食。

Img_1232 Img_1240

◆競技場にもどって骨董のフリマ見物。とりあえずこれで解散。

                   と思いきや、・・・・・番外編につづく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2)

2010年3月 5日 (金)

古い写真より

たぶん昭和36、7年頃。休日の和歌山のとある片田舎。

季節は牡丹の葉の状態と服装から春か。天皇誕生日?

Img059

この単車の車種はなんでしょうか? これ見ただけでどなたかわかる方、教えていただきたい。

これからほどなく我家に始めてのくるま、コロナピックがやってくる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (1)

2010年3月 4日 (木)

井戸蓋

蓋の鉄板が錆びたのを竹の蓋に取替え。

画像だけでは単純・簡単みたいだが、こう見えて考慮すべきことがいっぱいあった。

Img_1172

Img_1174

節が二重になっているのが真竹

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2)

2010年3月 3日 (水)

鬼瓦いろいろ

鬼の顔以外のものも一般的に鬼瓦と言う。

奈良県菟田野の古市場。古い街道筋の数百メートルの間の家々。

Img_2819 Img_2824

Img_2836_2 Img_2846

Img_2847 Img_2848

Img_2874 Img_2880

Img_2883 Img_2886

Img_2891 Img_2903

Img_2907 Img_2917

Img_2920 Img_2921

よくある大黒・恵比寿、家紋、文字などの他、仙人のようなものやよくわからないもの・・・短い距離を歩いただけでいろいろなパターンを見ることができる。

光学10倍くらいのデジカメがほしいdespair

ここにある宇太水分神社(うだみくまりじんじゃ)の本殿三棟は国宝。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2010年3月 2日 (火)

今日のにゃんこ

表具屋さんに集う猫

Img_1144_2 「奥さん、そろそろエサの時間ですけど・・・」

Img_1145 「まだ・・・?」 「まだみたい」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2)

2010年3月 1日 (月)

床裏に蟻

と言うてもシロアリのことではない。

うまいこと書き表しにくいが、木工事で金物などを使わず木と木をつなぐ際、テーパーをつけた凸部と凹部を組み合わせる方法。

↓南河内の某古民家、床の裏側。吸付き蟻桟、つかみ蟻。

Img_1080 Img_1093

↓泉州の古民家。座敷の縁側の裏。

Img_8224 鉄製の金物で引いて和釘で留めてある。

↓名張。 同じく座敷の縁側床裏

Cimg7355 床の板は金物留め。

雨戸の敷居は、蟻を切った引き独鈷で引いて栓で留めている(はず)

こんな工法なら解体しても再使用できるけど、ボンドなど使うともう処分するしかない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »