« 消えていた堺の裁判所 | トップページ | 耐震診断 »

2009年12月20日 (日)

山本勝之助商店の餅つき

登録文化財「山本勝之助商店・山本家」の餅搗きに招待されて参加。

秋の一般公開の際にかかわった建築士会海草支部四名と、民家再生協会の仲間のAずまん。

Img_8995

餅のことを明治生まれの今は亡きうちのおばあちゃんは「あも」と言うた。

先日ある事情があっていただいた(恐縮coldsweats01)お菓子のなかに「あも」と名付けられた商品があった。

Img_8957 Img_8960 甘いと餅で「あも」?

Img_9001_2 餅を入れる「もろぶた」

昔は新調した日を書いてるのは普通だが、これは何を意味するのか?

大工だけならかかった費用かと思うけど、左官?玄米三十四円???

この前作ってもらったうちの臼台もとりあえず日付だけでも書いとこ。墨で。

Img_9009

餅を搗いてる脇の壁にかかってた棕櫚の箒・蓑、竹皮の蓑?いつ頃のもんなんやろ?

その他餅搗きの状況は「あずまんの徒然ブログhttp://www.azuma-ken.com/blog/」に書かれてます。(私が“Kさん”です)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 消えていた堺の裁判所 | トップページ | 耐震診断 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆古いもの・こと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消えていた堺の裁判所 | トップページ | 耐震診断 »