« 東建設工業のあずまん | トップページ | 三匹の黒猫 »

2009年10月20日 (火)

木造駅舎

夕方tvで、かの有名なたま駅長が勤務する駅舎が建て替えられるというニュ-スを見た。

新築予定駅舎の外観は茅葺き屋根のイメージで猫をモチーフとしたもののようである。

私の価値観からするとものすごく残念。もったいない。悲報と言うてもええくらいですcrying

築70(?)年で老朽化? 直せばすむのに。木造建築はそのくらいで改修不能にはなりません。

高野山の寺院の屋根を葺いた職人が仕事するからいいというもんでもなかろうに。せっかく貯まった利息を産廃として処分してしまうのかと思うと残念です。

改修したらいい感じにできるのになぁ~とか思うのはやっぱり少数派なのかdespair   

Cimg2867_2

04年 まだ南海電鉄の頃 なにやら怪しい(?)クルマが・・・

Cimg2870 内部

Cimg2871 外灯

これ↓は重伝建地区のある街のJR駅舎。

名前出てますね。

Cimg8560

「取って付けたような」とはこういうことをいうのか。

残念ながら私はこれを「不風流處也風流」と感じる域にはまだまだ達しそうにありませんcoldsweats01

南海本線の一部と高野線の橋本より南(高野山より)はいいのがまだようけ残ってます。

今度ラビットに乗って駅舎めぐりでもしてみよか。早いこと行かんと無くなってしまうかもしれんしsweat01

********************************************************

|

« 東建設工業のあずまん | トップページ | 三匹の黒猫 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆世間のこといろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/31864791

この記事へのトラックバック一覧です: 木造駅舎:

« 東建設工業のあずまん | トップページ | 三匹の黒猫 »