« 古民家移築上棟/ALEC | トップページ | たらちね/古民家移築 »

2009年10月25日 (日)

吉野和紙と焼餅

和紙を建材として壁に貼る実演・体験と、手漉き和紙を作っておられる植氏の話。

Img_6596 Img_6607

下地がボードならアクが出てこないし費用も抑えられる。下地にアクが出るものを使う場合は下張り・袋張りなどすればいよいが費用が嵩む。なるべくボードなど使いたくないので悩むところ。

とりあえずは、和紙を張りたい場合、単価的には高くても金額が嵩まないよう、ここという箇所に部分的に使用か。

Img_6581 Img_6604 Img_6601

左:楮の木・皮を手順を追って並べたものと、檜・杉の皮

中:朝顔に似た形の葉

右:皮を剥いた樹の断面。利用方法模索中らしい。年輪は無い。

Img_6603 楮の甘皮。ここからさらに不純物などを取り除く。

ここまでも、ここから先も全て手作業。薬品などを使うと何百年ももつ紙にならないとのこと。

Img_6606 植さんにいただいた焼餅の容器(食べた後撮影coldsweats01

今西誠進堂製 

「こばし」はできたてがうまいけど、ここのは時間を置いてから。作り方が違うらしい。

大淀の道の駅にも店を出してるとのことなので、次回吉野方面を通る時にはは買うて帰ろ。

---*---*---*---*---*---*---*---*---

|

« 古民家移築上棟/ALEC | トップページ | たらちね/古民家移築 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆食・飲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/31932826

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野和紙と焼餅:

« 古民家移築上棟/ALEC | トップページ | たらちね/古民家移築 »