2018年1月15日 (月)

チョイ塗りくん、チョイ乗りくん

黒江公民館主催の「はじめての漆工芸講座」を受講することにしました。

塗るのは茶卓。 カエデかな? 箆はプラスチック。

100800img_0980

もうちょっと違うこともしたけど、なんちゅうても全くの素人で初心者。

最初は控えめに教えていただいたことに忠実に従うことを心がけます。

漆刷毛は用意していただいた『チョイ塗りくん』

100800img_0978

切り出して使うことはできないけど、手入れを怠らなければ長持ちはするようです。

こちらは我が家のチョイ乗りくん。

90800img_1391

かれこれ一か月以上不動だったのに、T君が往診に来て問診のみで触診もしていないのに燃料ポンプがカチカチと音がしてエンジン始動 dash

彼が来てくれるのを待っていたのか? 彼のもとに帰りたいのか?coldsweats01

そして、

90800img_0997

我が家の二輪チョイ乗りくんと、仕事先のチョイ乗りくん(さん?)、TWIN。

ツインは全長が2,995の360軽よりさらに26センチ短い。

ただし全幅は18センチも大きい。

単純にL×Wで投影面積を計算すると、ツインが4.034㎡でR-2は3.879㎡。

それがどうしたということはないけど、やっぱり昔の軽自動車は小さいんやね。

安全性能はさらに・・・ coldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

スバルR-2 K12 スズキツイン ホンダクカッシュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

寒中施工

登録文化財の蔵の修繕に、知り合いの左官・瓦・板金の職人さんに行ってもらうことになりました。

今日から足場設置。

100800img_1367

北側にある“ほおり”(堀池)結氷!

100800img_1345

夕方になっても融けてませんでした。

この季節、手廻しせねば

100800img_1360

100800img_1361

雪が積もるかも

100800img_1359

snow

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

大当たり!

年末~年始めのいただきもの

製蝋所さんでいただいた木蝋で作ったハンドクリーム試供品

100800img_1056_2

京都のコチラで販売されてるものです。

古~いガラス瓶に入れてみました。

100800img_0873

同級生にいただいた醤油さしと、磁器製の炊飯加熱器!?

100800img_0950

加熱器は検索してみたら一つだけヒットしたサイトがあったけど、どうやって使うのか詳しいことは不明sweat01

100800img_0951

’70年代~’80年代半ばのオートメカニック誌、六十数冊

100800img_0952

丹波(たぶん)産のネギ

100800img_0955

そして、地元のえびす神社のでかい箕!

100800img_0967_3

吉兆の熊手を買うたら2回まわせる福引で大当たりの一等賞shine

実用的な使い道とか金銭的価値は無いけれど(バチ当たりなcoldsweats01)、めでたいですup

これで今年の運を使い果たした? そんなことの無いように気を引き締めなければsweat01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

葡萄櫨の木蝋

去年の12月、和歌山県でただ一軒(とあるサイトによると櫨蝋を作ってる所は日本で3軒だとかsweat01)となってしまった、葡萄櫨から木蝋を抽出する海南市内の製蝋所さんを見学させてもらった。
        *
Img_0870 原材料の葡萄櫨の実を入れた袋

Img_0905 葡萄櫨の実

Img_0891 朦々たる水蒸気

Img_0871 抽出する機械は年季の入った鋳鉄製

Img_0889 原材料一袋でこの器一杯しかとれない

Img_0898 冷えて固まった木蝋

Img_0915 完成品

ここの木蝋は和蝋燭・鬢付け油・化粧品・薬品・その他いろいろなものに使われていて、途絶えてしまうと困る業種が少なくは無いようです。
        *
紀美野町は葡萄櫨を、京都では葡萄櫨と木蝋造りを保護・復活させる動きがあるとのことですが、はたして海南市では・・・?
お住まいのほうに、
 
Img_0947 鍾馗さんと、

Img_0923 猫がいました。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

ぶどうはぜ ブドウハゼ はぜろう ハゼロウ モクロウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

ヴィンテージカーニューイヤーミーティング2018

毎年正月の二日に開催されているヴィンテージカーニューイヤーミーティング

於:宇陀市榛原

年ごとに参加車両が増えてるみたいで、今年はちょっと到着が遅くなって展示車のスペースには入れなかった。

見物者用の駐車場にてcamera

Img_1258_2

まぁ満車で入れなかったのは仕方がないとして、ここに停めた後しばらくしてから会場のほうに行くと、暴走族仕様車を何台も入場させてるではありませんか。

ここはそういう車を集めるイベントになったんですねぇ。

「もう来年からは来ぇへん」とは言わんが、出展はやめとこかなsweat02

あんな車と同じ趣味と思われたくないし。

ということで、“あんな車”ではない車

Img_1168_2

“あんな”奴らから見たらとんでもなくカッコ悪いであろう箱スカ

Img_1171_2

絶対に純正仕様でないとあかんなどとは思わんが・・・やっぱり情緒みたいなものがあるなぁsmile

車検標章が旧タイプ。 車検時に剥がせって言われへんのかな?

Img_1169_2

見物者用駐車場のグラウンドに知り合いのデボネアが来ていた。

Img_1183

シートに薔薇模様のレースのハーフカバーは純正?

90800img_1189_2

初代最終型カリーナ

90800img_1219

330

90800img_1196

CAROL

90800img_1255_2

初期型フローリアン

90800img_1207

90800img_1205_2

130セドリック

90800img_1241

クーラーの吹き出し口?

        *

帰路道すがら

とある自動車修理工場にクラウン二代発見eye

Img_1274

        *

車以外

Img_1268

鍾馗さんとえびすさん

Img_1271

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木)

デボネアオーナーズクラブ 二人ミーティング

昼前まで京都の北のはずれでD.O.C.(デボネアオーナーズクラブ)ミーティング。

ただしメンバーは京都に住むTさんと2名、車は1台。

90800img_0559

前回Tさんと会ったのはまだ息子が学生で堀川通りに面したワンルームで暮らしていた頃。

あれから10年以上経ち、デボネアの来し方・現況・行く末などについて語り合いました。

いただいた老舗の金平糖

901024img_0724

        *

最近出会った車

和歌山市内でBENZ  1970年式なんでしょう。  

901024img_0997

こちらはこの時デボネアdash  勝ってるのはナンバーの古くらいかな coldsweats01 

901024img_0787_2

        *

名古屋ナンバーでタイガースステッカー

901024img_0764

D.O.C.メンバー、名古屋のM川君のお仲間かも cat

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

砺波詰所~東本願寺近辺徘徊

本願寺近辺には他にも地域の「詰所」や頭に土地の名前の付いた旅館とかがある。

Img_0478

Img_0511

        *

今も数多く残る地名の琺瑯看板

Img_0484

Img_0532

今では京の街角になじんでるけど、最初のうちはどやったんやろ?

木・漆喰・瓦とか、昔からあるものに比べたら新参者の素材。時間を経て今は情緒を感じさせてくれる。 

まぁそれって長い時間が生んだ利息のようなもんではないかな、と思ってます。

それではこれは?

Img_0556

利息たまるより劣化の進む速度のほうが早いかもsweat01

        *

角地の喫茶店

Img_0485

Img_0487

Img_0488

何年前かは忘れたけど、撮るのはこれで2回目camera

今度来たとき営業してたら入ってみたい。 (既に廃業の可能性高いけどsweat02

        *

レトロなちょっとアールデコっぽいビル。   

Img_0490

901024img_0492

901024img_0489 

夏は蔦の葉に覆われてるのかもしれない。

        *

その隣にスターハウス!

Img_0493

出町柳の近くにも2棟ほどあったが、あちらもまだ健在だろうか?

        *

超有名どころ、東本願寺

Img_0505

Img_0507

Img_0506

巨大ですsweat01

        *

平屋の金属板屋根の棟中央に、なにやらぽちっと突起が目に留まった。

Img_0518

京都では他所より少数派の棟上鍾馗さん。

Img_0519

        *

こちらは板金屋さんのお住まいでしょうか!

Img_0526

梯子の収納、場所の有効利用を考えましたね~。

『樋』は『トイ』とは読ましまへん。「トユ」です!

Img_0527

「トユ」の飾りは、龍と・・・鶏ですか?

Img_0528

反対側にも鶏、やね? 鳳凰ではないわな? 怪鳥?

Img_0530

        *

広い通りの向こう側、蔵の鬼瓦の上に何かが生えている!

Img_0538

近づいて見上げると・・・

Img_0545

大黒さんに殺生針(釘?)  「福は内、鬼は刺す」ということかな?

        *

Img_0554

Img_0555

それがどうしたというようなことですけど・・・coldsweats01

用途は通りを見通すためかな。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«詰所泊